Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「俺はMJに憤慨した」元スコアラーのアリナスが“神様”ジョーダンとの珍エピソードを明かす

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE DIGEST

 マイケル・ジョーダンは長年、多くのバスケットボール選手の憧れとして君臨してきた。その座はコビー・ブライアント、レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)らに引き継がれているが、“神様”の存在感は今なお際立つ。現役時代に“エージェント・ゼロ”の異名をとったスコアラーのギルバート・アリナスは、ジョーダンとの珍エピソードを明かしている。 【動画】持ち味の得点力は健在!3人制バスケ「BIG3」のアリナスのハイライト  アリナスはカリフォルニア州ロサンゼルスのグラント高を卒業してアリゾナ大に入学した1999年、2度目の引退をしていたジョーダン主催のキャンプに参加したという。『Fubo Sports』で「MJとの関係は?」と尋ねられた際、「俺たちの関係が始まったのは1999年だ」と17歳当時の出来事を明かしている。 「(キャンプでは)夜にピックアップゲームをやるんだけど、MJは自分のチームの仲間に5人を選び、他の15~20人の参加者はもうひとつのチームのメンバーだった。MJは無名だった俺を選んだ。俺、ブライアン・スカラブリニ、ショーン・ランプリー、MJ……、あとの2選手は忘れたけど、基本的にはMJが全部のシュートを打つために構成されたチームだ。俺はMJのチームの一員になったんだ。『マジかよ』って興奮したよ」    アリナスは“バスケットボールの神様”とプレーする機会に恵まれて興奮しつつも、ジョーダンへの“引き立て役”になるつもりなかったという。 「俺はMJのチームの“6番目の男”だった。MJは俺の高校での経歴を見ていないと思う。俺がパスをしないって(笑)。最初の8本のシュートすべてを俺が打った、しかも3ポイントだ。1週間同じチームだからMJは俺を外せない。3日目には(俺は)ずっと言っていたよ。『MJじゃない。ギルバート(自分)のほうが優れている』ってね(笑)」  アリナスによれば、40得点以上の試合を連発するなかで、ジョーダンから声を掛けられたことがあったという。ただ、“神様”からの予期せぬ言葉に納得できなかったとあるエピソードを回顧している。  

【関連記事】