Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ロフトを揃えればOK」ではない。PINGの名器「EYE2」が教えてくれる、ウェッジ選びの“出発点”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

アイアンセットのピッチングウェッジのロフト40度台前半であることが珍しくなってきた昨今、56~58度が主流のサンドウェッジとの間を埋めるウェッジ選びが注目を集めている。我々はどうやってウェッジを選べばいいのか? ギアライター高梨祥明が、80年代の名器「EYE2」のウェッジを眺めながら、本当に重視すべきことはなにかを考えた!

PWとSWの飛距離をどう埋めるか。ウェッジ選びはロフト選びともいえるが……。

思うところあり、古いPINGのアイアンを引っ張り出してきた。全世界で100万セット以上売れたといわれる『EYE2』アイアンである。発売は1982年だ。ちょっと脱線するが、この『EYE2』アイアンの次に出たのが『ZING』アイアンで、発売は1992年。つまり、『EYE2』アイアンは10年間、細かいランニングチェンジを繰り返しながらずっと同じ名前で販売されていたわけである。2年に一度にモデルチェンジする現在の商品サイクルを考えると、80年代は腰を据えてじっくりクラブを売っていたのだな、と少し感慨深くなる。 さて、今日の本題はウェッジの選び方である。アイアンのストロングロフト化が進む現代では、アイアンセットのピッチングウェッジに続き、ギャップ、アプローチ、サンドといった複数のウェッジをコンビネーションするのが基本となっている。 ウェッジのフィッティングシステムを確立しているタイトリストのボーケイ デザインウェッジでは、フルショットでの番手間飛距離を均等にするために、ピッチングウェッジのロフトを基準に、4°~6°のロフト間隔でウェッジをセットしていくといいとしている。例えば、ピッチングウェッジがロフト46°の場合は、アプローチウェッジ52°、サンドウェッジ56°。ピッチングが44°なら、上記に加え48°~50°のギャップウェッジが必要になってくる。 ここに挙げたのはあくまでもロフトの間隔を基本にしたざっくりとした組み合わせ例だが、ピッチングウェッジとサンドウェッジの間をいかに飛距離の空白なく埋めていくのか。それがウェッジ選びの基本なのだということを改めて強調しておきたい。 では、ロフトの間隔さえ揃えていけばそれでウェッジ選びは終了となるのか? 今回、このテーマを昔の『EYE2』アイアンから始めたのには訳がある。それはロフト選びよりも前にしっかりと考えておきたい大事なことを『EYE2』アイアンが教えてくれるからである。

【関連記事】