Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今買うべきWi-Fiルーターのオススメは? 家のネットが遅いのは古くなったルーターが原因

配信

週刊SPA!

―[デジタル四方山話]―  自宅にインターネット回線を引いている人は、スマホやタブレットで使うためにWi-Fi(無線LAN)ルーターも利用していることだろう。もし、自宅に光回線を引いているのにWi-Fiが遅いと感じているなら、家のWi-Fiルーターが足を引っ張っている可能性がある。そんな時はWi-Fiルーターの買い替えを検討してみよう。 ⇒【表】amazonのWi-Fiルーターの売れ筋ランキング

ネット回線の通信速度に合わせてWi-Fiの規格を選ぼう!

 Wi-Fiの規格は20年以上前に生まれ、時代と共に進化してきた。規格名は「IEEE 802.11a」「IEEE 802.11b」などと付けられ、現在では「.11a/b/g/n/ac/ax」に準拠する製品が登場している。この「IEEE 802.11~」という文字列がわかりにくいということで、2018年には新呼称が規定された。「.11n」が「Wi-Fi 4」に、「.11ac」が「Wi-Fi 5」に、「.11ax」が「Wi-Fi 6」となった。  Wi-Fiは下位互換性を持っているので、最新のスマホやパソコンでも、「.11b」や「.11g」にも接続できる。そのため、古いWi-Fiルーターでも使い続けられてしまうと言う問題が起きるのだ。  こうしたWi-Fiは、規格ごとに最大接続速度が異なる。もちろん、新しい規格ほど高速通信が可能だ。例えば、「.11b」は最大11Mbpsとなっているが、実際に出るスピードは半分以下が普通だ。この半分の速度では1秒間に約0.7MBしかダウンロードできない。1GBのファイルを落とそうと思ったら、24分もかかる計算になる。実際は、さらに長い時間がかかることだろう。  最近のネット回線は1Gbpsや2Gbpsになっているし、フレッツ光クロスにいたっては10Gbpsと謳っている。それなのに、使っているのが「.11b」に対応しているWi-Fiルーターでは思いっきりボトルネックになってしまうのだ。「.11a」や「.11g」で54Mbpsもまったくもって遅すぎる。「.11n」で最大600Mbpsと実用的になっているが、それでもネット回線のほうが速いなら性能不足だ。1Gbps以上のネット回線を契約していて、「.11a/b/g/n」にしか対応していないWi-Fiルーターを使っている場合は、買い替えをオススメしたい。

【関連記事】