Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リトル・フィートの熱演が収録された初のライヴ盤『ウェイティング・フォー・コロンブス』

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
OKMusic

本作『ウェイティング・フォー・コロンブス』は、1978年にリリースされたリトル・フィート初のライヴ盤である。制作段階では3枚組(LP時代)となるはずであったが、レコード会社がセールス面を考えて2枚組に変更してのリリースとなった。収録はロンドンのレインボー・シアターとワシントンDCのリスナー・オーディトリアム(1977年8月1日~10日)の2カ所で行なわれた。アルバムにはリトル・フィートの他、元ザ・ローリング・ストーンズのミック・テイラー(ギター。ロンドン公演の1曲のみ)、ドゥービー・ブラザーズからマイク・マクドナルドとパット・シモンズのふたり(ヴォーカル。リスナー公演の1曲のみ)、そして強力なタワー・オブ・パワーのホーンセクションが参加している。当初予定されていた3枚組の残りの曲は、2002年にリリースされた2枚組CD『ウェイティング・フォー・コロンブス』(デラックス・エディション)に全曲収録されている。

リズム・セクションの圧倒的な力量

リトル・フィートのデビューアルバム『ファースト』(’71)や2ndアルバム『セイリン・シューズ』(’72)の頃は、ローウェル・ジョージ&バックバンド的な香りが漂っていたが、創設メンバーのロイ・エストラダ(Ba)が脱退し、サム・クレイトン(Per)とケニー・グラドニー(Ba)が参加してからの3rd『ディキシー・チキン』(’73)になると、個々のメンバーの力量が明らかにアップしており、グループとして一体化していく。特に前作までと比べてファンク度が増したリズムセクションのコンビネーションはロック界最強レベルにまで達していたと思う。新たに参加したグラドニーはニューオリンズ出身だけに、独特のグルーブ感を持っていることは分かるが、創設メンバーのリッチー・ヘイワードのドラミングが、それまでとは別人のような凄腕プレイになっているのだ。このふたりのすごさは、実際に僕は78年の初来日公演で見て感動を覚えた。今となってはローウェルのスライドギターよりも強く印象に残っている。

最終更新:
OKMusic