Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NBAとセレブのあぶない交友録/vol.4:ビヨンセ(ミュージシャン)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBA Rakuten

ビヨンセ/Beyonce Profile 生年月日:1981年9月4日 出身:アメリカ・テキサス州ヒューストン 職業:ミュージシャン 1997年にデスティニーズ・チャイルドとしてデビューして以来、世界中の女性に支持されてきた歌姫・ビヨンセ。リアルバービー人形的なパーフェクトな容姿と抜群のパフォーマンス、そして「女性」「黒人」であるというアイデンティティを音楽に投影することで、常に世間の注目を集めてきました。そんなビヨンセとNBAとの関係とは……?

世界のディーバ、ビヨンセのプロフィール

アフリカ系アメリカ人の父と、アメリカインディアンの血を引く母をもつビヨンセは、デスティニーズ・チャイルドの前身であるガールズ・グループ、ガールズ・タイムで歌手としてのキャリアをスタートさせました。 鳴かず飛ばずの下積み時代を経て、同グループはデスティニーズ・チャイルドに改名。2000年に公開された映画『チャーリーズ・エンジェル』の主題歌『Independent Woman Part 1』が全米で大ヒットとなりました。翌年リリースした『Survivor』を収録したアルバムでは、アメリカだけでなく14カ国で首位を獲得。2005年にはデスティニーズ・チャイルドとして日本・広島からスタートするワールドツアーを敢行しましたが、同ツアー中に突然の解散宣言! ビヨンセは歌手・女優としてソロに転向することを発表しました。

グループの解散を経て、ソロ歌手として躍進!

ソロ活動をスタートしたビヨンセですが、解散から間もない2006年のNBAオールスターゲームで、デスティニーズ・チャイルドとして1日限定の再結成を果たし、国歌斉唱をしたことで注目されました。 ソロとしては、2003年7月にジェイ・Zとフィーチャーしたデビューシングル『Crazy in Love』をリリース。日本でも大きな話題となった同曲は、あまりビヨンセを知らないという人でも一度は聴いたことがあるほど、彼女のキャリアを代表する一曲になります。同曲を収録したアルバム『Dangerously in Love』は全世界で1100万枚以上のセールスを記録! ビヨンセはその圧倒的な歌唱力とダンスパフォーマンスで世界中を魅了し、まさに世界のディーバとなったのでした。 余談ですが、2013年当時32歳のビヨンセが、バラク・オバマ前大統領の就任式で国歌斉唱をするという場面がありました。そのときビヨンセが口パクをしていたことで批判が集まったのですが、ビヨンセはすぐに緊急記者会見を開き、記者たちの前でアカペラで国歌を披露。感動的なまでの歌唱でそれまで批判していた記者たちを黙らせてしまいます。さらに最後に「何か質問は?」とひと言。そのあまりの格好よさに、ファンの間では現在も語りつがれる逸話となっているとか。