Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プレミアに上陸したブルガリアの点取り屋、ベルバトフが決めたトッテナム初ゴール【ファースト・ゴールズ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 【動画】ベルバトフが決めたトッテナム初ゴール 今回は元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフ氏がトッテナムで決めた最初のゴールだ。 母国でのプロデビュー後、レバークーゼンでブレイクを果たしたベルバトフ氏は、2006年夏にトッテナムに加入してプレミアリーグデビュー。2008年夏にマンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれるまで、エースとして公式戦102試合で46ゴールを記録した。 そんなベルバトフ氏の記念すべきトッテナム初ゴールは、2006年8月22日のプレミアリーグ第2節、シェフィールド・ユナイテッド戦で決めたゴールだった。 試合が始まってまだ間もない7分、右サイドを崩したトッテナムは、MFアーロン・レノンがボールを持ってボックス内右に侵入。上手くタメを作ると、中央へ絶妙なパス。これにベルバトフがゴール前でしっかり合わせ、クラブ初ゴールを決めた。 幸先の良いスタートを切ったトッテナムは、2-0で試合に快勝している。

超WORLDサッカー!

【関連記事】