Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ネット銀行の規模とATMの場所を調べてみました

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

ネット銀行には、今までの銀行のイメージになっている立派な本店ビル、都市の中心部やターミナルの支店はありません。代わりにあるのは、身近にある商業施設や駅構内にあるATMです。 大切なお金を預ける銀行として、ここではネット銀行の規模を地方銀行と比較すると共に、ATMのある場所について見てみましょう。

ネット銀行の規模と一般銀行との比較

まずはネット銀行の規模について、いくつかの地方銀行と比較してみましょう。メガバンクの預金残高は180兆円から120兆円規模と桁違いに大きく、比較対象になりにくいため、今回は含めません。【表1】は、ネット銀行11行の預金残高と、その母体となっている企業を一覧にしたものです。 【表1】

各行の2019.3決算の有価証券報告書(※)に基づき筆者が作成 次に、【表2】で規模的に比較しやすい地方銀行をいくつか挙げてみます。 【表2】

各行の2019.3決算の有価証券報告書に基づき筆者が作成 2つの表を比較して分かることは、ネット銀行の預金残高上位行は、地方銀行の中位行とほぼ同じ規模であることです。また、ネット銀行の預金残高下位行は、ATM取引やネット取引に特化した独自路線を目指していると想定され、預金残高以外のところに銀行経営の視点をおいていると思われます。

ネット銀行の母体となる企業

ネット銀行は、事業親会社の傘下に設立され、母体となる企業があるケースが一般的です。銀行事業では、信用が最も大事な要素であり、母体となる企業の信用度に加えて、既存銀行の信用や人材の支援のもとで、スタートしたと思われます。 【表1】の通り、流通業、ITインターネット業、銀行などとの組み合せによって設立されており、ネット銀行という新しい銀行の業態が生まれてきた背景が、読み取れるのではないでしょうか。 多くの顧客の固定化をはかりたい流通業、インターネットのしくみを武器に新たな領域を目指したいインターネット企業、低コスト運営のネット銀行領域への進出をはかっておきたい銀行の思惑が合致したところでしょう。

【関連記事】