Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

立浪和義、岩瀬仁紀のレジェンド2人が選ぶ!! 秘話満載の竜歴代助っ人外国人トップ3

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

【サンドラを観られなかった全国のドラ友と共有したい番組のコト】 CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日12時54分から東海エリアで生放送)をみたコラム このコラム(?)は「サンドラ」を見られなかった全国のドラ友に話したい! との思いから番組の内容を綴る、竜党のみなさんに向けた、竜党による、竜党のためのコラム(?)である。 4月26日の放送で共有したいトピックスは、竜のレジェンド立浪和義さんと岩瀬仁紀さんが現役時代にプレーを共にした選手の中から選ぶ“歴代助っ人外国人トップ3”。懐かしいあの選手から、絶賛大活躍中のあの選手まで。同僚ならではのエピソードも語られた貴重なトークを共有したい。まずは岩瀬さんが選んだ第3位から・・・チェケラッ!!!

≪岩瀬ランキング第3位≫ 宣銅烈(ソン・ドンヨル)

 韓国プロ野球界からの移籍第1号として注目を集め、ドラゴンズの絶対的守護神として活躍。入団2年目の1997年には当時のシーズン記録となる38セーブはリーグトップタイ。防御率1.28の圧巻の成績を残した。99年には、岩瀬、落合英二、サムソン・リーの4人で構築した「勝利の方程式」のストッパーとしてチームをセ・リーグ優勝に導いた。 ◎岩瀬解説&エピソード 「投げてる球が本当にえげつなかった。プロの選手ってこんなにコントロールが良いのか、って思いました。(99年の優勝当時も)9回の宣さんにいかにつなげるか。宣さんにつなげば、試合に勝てると思ってやっていましたから。―(岩瀬氏が宣銅烈氏に抱いていたひとつのギモン)よくあの持ち方で、あのストレートが投げられるなぁと・・・」

◎岩瀬のギモンに関する立浪解説&エピソード ―岩瀬氏の言葉にあった“あの持ち方”とは、ストレートの握り方が人さし指と中指をボールに立てていたこと。その真意を立浪氏が解説 「普通あの握りでは投げにくいと思うのですが、ボールにスピンをかけるために工夫をした握りだったと思います。ホームベース際での球の伸びにプラスして、スピードガンの速さは抜群でしたね。自分は入団する前の日韓野球で対戦していたんですけど、そのときの方がストレートは速かったです。宣さんの思い出といえば、来日1年目は結果が出なくて、毎日お酒をくらっていたというのはよく聞きましたね」

【関連記事】