Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【いま評判の「いい車」に試乗してみた】マツダ CX-30/アウディ A1 スポーツバック

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

狭い道のすれ違いでも安心な360度の俯瞰モニター搭載SUV マツダ/CX-30

2020年、世界最高水準の安全・安心・楽しい機能を誇る車たち。 その中から、いま評判の「いい車」に試乗してみた。 今回は、マツダ CX-30とアウディ A1 スポーツバックの2台を紹介する。 まずは、ボディサイドに映り込む景色にまで気を配ったというマツダ渾身のニューモデル、マツダ/CX-30。魅力はデザインだけにとどまらず、手頃なボディサイズや先進の安全装備など、多岐にわたる。 原動機 ディーゼルターボエンジン 全長×全幅×全高 4395×1795×1540mm ホイールベース 2655mm 車両重量 1530kg エンジン排気量 1756cc 乗車定員 5名 最高出力 116PS 最大トルク 27.5kg-m 燃料消費率 19.2キロ/L(WLTC モード) 燃料 軽油・51リットル 車両価格 306万9000円(税込み・XD・L Package) 問 マツダ 0120・386・919

【歴史】ベリーサ 2004~2016年

シンプルで上品なデザインと、機能的な空間設計は、後のCX-30 に通じる。

ボディの側面に映り込む景色がS字にゆがんで見える。この映り込みが車を流麗に見せる。これも設計者の狙いである。そして、マツダが長年磨き上げてきたディーゼル特有の滑らかに加速する力強い走りや、SUVならではの高さのある荷室も魅力である。だが、それ以上に世界的に評価が高いのが、高度な予防安全機能だ。その証拠に、欧州の自動車アセスメント「Euro NCAP」(ユーロ エヌキャップ)では、2019年に最高位の評価(5つ星)を得ている。

たとえば、バックで駐車スペースから出るときに試してみると、左右から近づいてくる車両を、すぐに検知してアラーム音で教えてくれる。そのため、ヒヤッとすることはかなり減る。この「後側方接近車両検知」という機能は、高速道路のサービスエリアやショッピングセンターなど、混み合う駐車場で心強い装置だ。

さらに、車両周辺の見えにくい死角エリアの確認を助ける「360度ビュー・モニター」はバックで駐車するときだけでなく、前進時にも俯瞰画像で車の周辺を確認できる。見通しのよくない脇道から大通りに出るときや、狭い道でのすれ違い時にとても心強い。

【関連記事】