Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

八戸学院大・大道温貴とは。1年時から目覚ましい活躍見せる本格派右腕

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ベースボールチャンネル

 プロ野球ドラフト会議を10月26日に控え、学生野球に注目が集まっている。今回は、ドラフト候補として名前が挙がる八戸学院大(北東北大学野球連盟)の大道温貴投手に焦点を当てる。 【表】2020年プロ志望届提出者一覧<高校生・大学生>  埼玉県出身の大道は、春日部共栄高を経て、八戸学院大に入学した右投右打の投手。身長178センチ、体重83キロ(八戸学院大野球部HPより)。  春日部共栄高での甲子園出場経験はないが、最上級生となった2年秋からはエースとしてチームを牽引。3年夏には準決勝で高橋昴也(現広島東洋カープ)らを擁する花咲徳栄高との強豪対決で惜しくも敗れた。  八戸学院大では、1年春から主戦級の活躍を続けた。エースとして迎えた3年春には、躍動感あふれる投球フォームから繰り出す最速150キロの速球を武器に、11季ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。  年々プロからの評価も上昇しており、3年時には大学日本代表強化合宿にも参加。スケールの大きな投球で大器の片鱗を見せた。

ベースボールチャンネル編集部

【関連記事】