Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なぜいま、有料 ニュースレター が支持されるのか?: サブスタック CEO クリス・ベスト氏

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

サブスタック(Substack)は、独立系パブリッシングの新たな救世主だ。サブスクリプション型ニュースレターのプラットフォームを運営し、新種のジャーナリスト起業家に希望を与えている。 CEOのクリス・ベスト氏は米DIGIDAYのポッドキャストで、「サブスタックには、Netflixの全コンテンツの料金より高い金額(つまり月額料金)を、たったひとつのニュースレターに支払っている人々がいる」と述べている。「娯楽1時間当たりの料金、読みもの1ワード当たりの料金などと考えた場合、これは全く理にかなっていない。何か新たなトレンドがきているに違いない」。さらに同氏は、人々はデジタル広告費を支配してきたソーシャルメディアプラットフォームから「心を取り戻したがっている」と付け加える。 サブスタックが始動した2017年当時、配信していたのはシノシズム(Sinocism)というニュースレターのみだった。しかし、この中国をテーマにしたビル・ビショップ氏のニュースレターは、初日に10万ドル(約1059万円)超を売り上げた(サブスタックの取り分はサブスクリプション売上の10%)。 「ライターたちはサブスタックを利用することで、現在よりもはるかに多く、安定した収入を得られる」とベスト氏は強調する。「コロナ危機がはじまってから、多くのパブリッシャーが広告売上の激減に見舞われている。一方、サブスクリプション売上のある人々は安定している。なぜなら、彼らは価値を提供し続けられているからだ」。 サブスタックはライターたちをサポートするためのプログラム、サブスタックディフェンダー(Substack Defender)の試験運用も開始した。ベスト氏によるとこれは、「形式ばったレターヘッドの下に、脅し文句を書き連ねた弁護士からの恐ろしい手紙」に怯える、ジャーナリストのための支援なのだという。 多くの場合、このような手紙は絶大な効果を発揮し、弁護士の主張が正当かどうかを見分けられないライターを怖気づかせることができる。しかし、それでは健全なジャーナリズムは実践できない。訴訟や外部の圧力に恐れを感じ、ジャーナリズムを実践できていないライターたちを支援するプログラムが、サブスタックディフェンダーなのだ。 以下に、同氏へのインタビューの一部をお伝えしよう。なお、発言の意図を明確にするため一部に若干の編集を加えている。 Subscribe: Apple Podcasts | Stitcher | Google Play | Spotify

【関連記事】