Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【戸塚記念予想(9/16・川崎)】インペリシャブルは川崎2100mをどう攻略する?3歳最後の南関重賞を制すのは!?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
netkeiba.com

 川崎競馬場で16日に行われる戸塚記念・SIは、地方競馬としては長丁場の2100m。同コースでは川崎記念・交流JpnI、関東オークス・交流・JpnIIなど権威あるレースが開催される、まさに川崎のチャンピオンディスタンスだ。小回りで長距離なため、どこで馬を我慢させて脚をため、仕掛けどころを見極めるか―騎手がどう作戦を立てるかも見どころのひとつだ。人馬一体で、南関最後の3歳重賞を制覇するのは!?  戸塚記念の行われる川崎2100mはスタミナはもちろん、6つのコーナーをこなす器用さが求められる難コース。昨年の勝ち馬ヒカリオーソは地元川崎の所属でコース経験も優位に働く。  今年の地元勢で注目なのは、なんといっても高月賢一厩舎所属のインペリシャブル。体質が強化されて強い攻めにもたえられるようになると筋力がアップ。さらに、精神面も成長して逃げ一辺倒から控える競馬ができきるようになった。その証拠に、前走は1800m戦の黒潮盃・SIを6馬身差で圧勝。10番人気の低評価を覆した。直線でグングンと脚を伸ばし、後続を引き離す圧倒的なパフォーマンスから、フロックでないことは明らかだ。  同厩舎からは、全日本2歳優駿・交流JpnIの覇者・ヴァケーションも参戦。復帰戦の前走の芙蓉賞は、離されたとはいえ3着。道中ややかかり気味だったことを考えると、一度使ってガス抜きができた今回は、折り合い良く運べそう。デビューからの2連勝時に手綱を執った矢野貴騎手とのコンビ復活で変わり身が期待できる  他場では16、17年と、このレースを連覇している浦和の小久保智厩舎に警戒。ファルコンウィングは重賞未勝利ながらも、羽田盃・SIで3着の実力派だ。先行力があり、小回り川崎へのコース替わりは望むところ。  また、16年の優勝馬ベルゼブブは前哨戦の芙蓉賞を勝っていることから、今年のV馬ウタマロも要注意。久々で21kg増の516kgだったが重め感はなく、むしろ胸前に筋肉がついてビルドアップしていた。川崎の2000mを克服したのも収穫で、西村栄騎手は「距離が延びても大丈夫」との好感触を得ていた。上積みの大きな大型馬の叩き2戦目だけに、怖い存在だ。  そのほか、桜花賞・SI、東京プリンセス賞・SIで3着と、今年の南関牝馬クラシック戦線で活躍したルイドフィーネ。東京ダービー・SIの3着馬、ティーズダンクなど実力派が参戦。目が離せない。 (文=スポーツ報知記者・志賀浩子)

【関連記事】