Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

作業は1日3時間まで。モノを愛する人のための「捨てない片づけ」

配信

ライフハッカー[日本版]

「捨てない整理収納アドバイザー」である『モノが多い 部屋が狭い 時間がない でも、捨てられない人の捨てない片づけ』(米田まりな 著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者は、片づけの悩みに向き合っていくなかで強く感じたことがあるのだそうです。 それは、所有欲が強い人ほど、「自分だけの、ユニークな人生を歩みたい」という意志を持ち、モノを“人生を彩る仲間”と捉え、その出会いを楽しみ、愛しているということ。 とはいえ、モノへの愛には大きな壁が立ちはだかっているのも事実です。いうまでもなく、「私たちの住む現代の家は狭い」ということ。 そこで本書では、著者が自らの経験から導き出した、「モノを愛する方にお伝えしたい片づけの方法」をまとめているのだそうです。 モノが多くても、家が狭くても、片づけが苦手でも、捨てられなくても、大丈夫です。 「使用頻度」と「愛」を軸に、1つひとつのモノとじっくり真剣に向き合い、分類し、収納し、メンテナンスをしていきます。(「はじめに」より) きょうはPART 2「さあ、片づけをはじめよう」内のSTEP 1「『捨てない片づけ』──見積もりとスケジューリング」のなかから、「『捨てない片づけ』4つの心がまえに焦点を当ててみたいと思います。

モノを所有するのは、「使うから」「愛しているから」

モノを所有する理由は、人によってさまざま。 しかし理由はさておき、家にあるその「モノ」が目に触れるだけで、心があたたかく、幸せな気持ちになるのであれば、それは正真正銘、そのモノへの愛がある証なのだと著者は主張しています。 そして、そんな「モノを愛する人」に伝えたい、一般的な片づけとは異なる、「捨てない片づけ」における4つの基本があるのだそうです。 ① 「たくさん捨てること」をあきらめる ② 部屋の大きさは無視して、モノの「整理」に専念する ③ 一気に片づけず、1日3時間まで ④ 自分が何を愛しているのか把握する (74ページより) ミニマリストを目指すために設計されていた従来の片づけ本は、いらないモノを潔く捨てられる人のために書かれたもの。 しかし本書が目指すのは、「所有しているモノの量は減らさずにスッキリ暮らし、片づいた部屋を最小限の努力で維持する」ことなのだそうです。 それぞれについて見てみましょう。(71ページより)

【関連記事】