Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソフトバンク・栗原陵矢 「使いたい」と思わせる攻守の輝き/今季はひと味違います!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 思えばこの日を最後に、ソフトバンクは対外試合から遠ざかることになる。3月22日、本来は公式戦開幕カードだったロッテ3連戦の3戦目(PayPayドーム)、まばゆい輝きを放ったのは、6年目の栗原陵矢だった。  まずはバットからだった。1点リードの4回、西野勇士の甘く入ったカーブをすくい上げ、右翼ホームランテラスへ放り込むソロ。「少しだけ崩されたけど、うまく反応して、強いスイングで打てたと思う」。 2回の第1打席では四球を選び、5回の第3打席は左前打。2安打3出塁で、代打でサヨナラ打を放った前日に続きアピールに成功した。「捕手の(出場になった)日は打たない、とか言われたくない。打ててよかった」。起用の幅を広げるため左翼や一塁でも出場を重ねてきたが、この日はスタメン捕手。本職の意地ものぞかせた。  守備でも2回、中村奨吾の二盗を阻止。5回無死一、二塁では相手の試みた送りバントを素早く処理し、三塁送球して封殺した。先発バッテリーを組んだ同期・同学年の松本裕樹が失点し「もう少し(思うように)投げさせてあげられたら。一緒に頑張ろうと話していたので悔しい」と顔をしかめたが、ゲームをつくるという仕事はこなした。  2番手捕手にもベテラン・高谷裕亮がいる以上、マスクをかぶるケースは多くないが、打力は一軍級。首脳陣もいい意味で悩みどころだ。工藤公康監督も「いろんなポジションをやって大変だと思うが、自分の可能性を広げると思って頑張ってほしい。いいアピールだと思うし、いい状態であれば使いたい選手の一人」と、少し踏み込んだ表現で述べている。 写真=湯浅芳昭

週刊ベースボール

【関連記事】