Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明日を拓く経営 東海で頑張る中小企業 接骨院など運営のエムズファミリー 介護、福祉事業の拡充図る 児童発達支援・放課後デイサービスを増設 オンライン型リハビリも導入

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中部経済新聞

 接骨院などを運営するエムズファミリー(本社半田市船入町20、間瀬博吉社長・院長、電話0569・26・3140)は、介護、福祉事業の拡充に乗り出している。今年2月、児童発達支援・放課後デイサービスを行う事業所「のびのび広場エムズ」を愛知県東浦町に開設。また、9月から、オンライン型リハビリ動画の配信サービス「エムズリハ」を開始する。間瀬社長は「のびのび広場は、東海市、知多市など利用者ニーズが高いエリアに1~2カ所を出店したい。3年後には年商を1億円に引き上げる」と意欲を見せている。

【関連記事】