Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京2020組織委員会に聞く大会ボランティア「大会を一緒に創り上げたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの2020

9月26日にはいよいよ東京2020大会のボランティア募集が始まる。「(処遇などが)ブラックなのではないか」「合計11万人以上ものボランティアが集まるのか」そんな声も上がる中、リオ大会ボランティア経験者の新条正恵が、東京大会組織委員会・ボランティア推進部の傳夏樹さんと古瀬浩一さんにオリパラ大会ボランティア募集にまつわる疑問をぶつけてみた。

「大会に直接参加してもらう」機会

──そもそも、オリパラ大会でボランティアを募集することになったのはなぜですか? 傳 初めてオリンピックの大会でボランティアが活躍したのは1912年ヘルシンキ大会で、もともとは「大会に直接関わりたい」という人たちに活動の場を設けたのが始まりと言われています。最近ではリオの約5万人、ロンドンの約7万人といった例がありますが、それだけ多くのボランティアを活用する理由は、4年に1回という世界の人が注目するビッグイベントを、関係者だけでなく、大会を楽しみにしているできるだけ多くの人に直接参加してもらいたいという思いがあります。そのため、大会を一緒に創り上げたい、成功させたいという方にぜひご参加いただきたいと思います。

──そうは言っても、募集要項の活動期間に「10日以上の活動を基本とする」とあり、会社を休めるかどうかわからないという方も多いようです。 傳 大会ボランティアの活動内容は大きく9種類に分かれています。どのチームに配属されるかにもよりますが、例えばユニフォームの配布を行う施設や選手村での活動などは通常のチームより早くスタートするので、土日祝や平日夜を優先してシフトを組むなど長い期間中に、ご自分のスケジュールに合わせて活動することも可能だと思います。

応募者の希望はどの程度通るのか?

──募集要項に「オリンピック・パラリンピック競技に関する基本的な知識がある方」に積極的に応募してほしいとあります。例えば特定の競技について知識がある場合、希望すればその競技や選手をサポートする活動に就けるのでしょうか? 古瀬 ボランティアの活動内容は競技会場の中においても、競技に直接関わる内容だけでなく、会場案内などの活動もあります。そのため、競技についての知識を持っていても必ずしもその競技に関わる活動ができるという訳ではないかもしれません。しかし、応募フォームの中で過去のスポーツ経験などを記入する欄は設けているので、これまでの経験や実績についてはそちらに記入していただければと思います。 ──希望といった意味では、活動エリアなどの希望も考慮するのでしょうか? 傳 活動エリアは「東京」「静岡」などといった大枠となりますが希望は選択していただけます。また、希望する活動分野、活動日数、オリンピック・パラリンピックいずれの大会で活動したいかといった内容についても登録していただけます。 ──ロンドン大会では7万人の募集に対して24万人、先日の2019ラグビーW杯でも1万人の募集に対して3万8000人と多くの方が応募しました。募集人数より大幅に応募があった場合、どのように選考しますか? 傳 基本的には募集している場所や活動内容等のニーズと、応募者のニーズを「マッチング」していきますので、「選考」とは少しニュアンスが違うかなと考えています。

【関連記事】