Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

たった1時間で終わるのは嬉しいけど不安はない? いま流行の「スピード車検」のカラクリとは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

工場内で車検の検査ができる民間車検工場に限られる

 クルマを維持するうえで欠かせない儀式が、車検だ。通さないことには公道は走れないし、ただ通すだけでもダメで、ひとつの区切りとしてしっかりと整備するのは基本となる。車検時は、どこで通すか? いくらかかるかなど、悩みどころは多いが、そのなかで気になるのが「スピード車検」というものだ。「待っている間に終了! 60分車検」といった看板などを目にすることがあって、非常に気になるのは当然で、そもそもホントにそんなことが可能なのか、疑問に思うこともある。 【注意】正規ディーラーに入庫できない改造車の条件!  一般的には見積りしてもらって、預けて整備。完了したら、車検を受検して、問題なければ書類を発行してもらって終了となるだけに、60分ぐらい済ませられるとはにわかに信じがたい。  このスピード車検は、ディーラーで行なっているところが多くて、もちろんインチキやごまかしではない。では、なぜ特急で完了させることができるのか、そのポイントはなにかを順に紹介していこう。  まずは前提条件から。サービスを行なっている場所が、ただの認証工場ではなく、民間車検工場であるということ。これがまず大切で、民間車検工場はその工場内で車検の検査ができるのが特徴となるだけに、陸運局などに持ち込む手間も時間も省くことができる。持ち込んでいては、60分で車検完了は無理だ。

複数の整備士が一気に作業するため費用は高くなりがちだ

 そしてもうひとつは新車に近いということ。最近のクルマはかなり壊れにくいため、比較的新しい年式であれば、点検だけで終了することができる。車検項目で一番手間がかかるブレーキの分解も、新車に近ければドラムが固着して外れないなどもなく、それほど時間もかからない。ちなみにスピード車検の場合、ひとりの整備士が担当するのではなく、複数が一気に作業することが多いので、この点でもスピードは上がる。  また、車検時に同時に行なう作業として、オイルやフィルターなどの消耗品交換があるが、こちらは規格品なので在庫しておいても、場所を取ることはないし、回転は早いので不良在庫になることもない。オイルなどは幅広いクルマに使えるので、在庫しているのは当たり前だ。  もちろん、突然の不具合があれば、スピード車検での対応は中止して、ユーザーに告げたうえで、整備や修理を時間かけたうえで一般的な時間で車検を通すようにするのは当たり前のこと。わからないから適当にやっているかも、と思うかもしれないが、複数の業者に聞いたところ、異口同音に「最近はとくに抜き打ちで検査があるから、不正はできない」と言うし、「本当に突然やってくる」とのこと。  本来許されている、車検だけ通して整備は後に行なう、いわゆる前車検後整備も実際は禁止に近いという。見つかった場合は認証取り消しなどの重たい処分が下されるから、以前に比べると不正はかなり減ったと思っていい。  気になる費用は、一般的な車検よりも高くなることがほとんど。複数の整備士が一気に作業するので当然といえば当然で、依頼する際には費用も含めて、一般的な車検にするか、スピード車検にするか、しっかりと考えたほうがいいだろう。  最後に新しい車検証やステッカーをどうするかだが、これらは後日郵送されてくる。さすがに民間車検工場内で発行はできないので、受検書類を陸運局に持ち込んで発行してもらい、ユーザーに郵送する形となる。たまに見かける、ステッカー部分に小さな書類を貼っているクルマを見かけるが、あれは車検証などが届くまで、車検をパスしていることを示すもので、ステッカーが到着すれば当然、貼り替えなくてはならない。

近藤暁史

【関連記事】