Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

橋下氏、新宿・池袋に休業要請を「ボヤのうちに」「大したお金じゃない」

配信

デイリースポーツ

 橋下徹弁護士が6日、TBS「グッとラック!」に出演。新型コロナウイルスの新規感染者が4日連続100人を超えた東京の状況について、特に集団感染が発生している新宿や池袋の「夜の街」はピンポイントで補償付きの休業要請をかけるべきと指摘した。  橋下氏は「特定地域であまりにも増えすぎだという状況なら、爆発的に感染者を増やさないために、ピンポイントで休業要請をかけて補償するのが政治の責任。逃げちゃいけない」と述べた。  未解明の新型コロナは「一定環境下ではいくら対策しても感染してしまう」と指摘し、「抽象的に危ないということじゃなくて、データで歌舞伎町と池袋の特定業種が危ないのなら、そこは夜の街を批判するということじゃなくて、補償したうえでの休業要請を政治がやらなければいけない」と語った。  多額の費用が必要との指摘には、全国的な緊急事態宣言時に比べれば限定的とし、「いまボヤのうちに消してしまわないと、火が広がってしまったら、ものすごい消火水が必要になる。池袋と歌舞伎町だけをとめるのは、たいしたお金じゃないですよ」と語った。

【関連記事】