Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

懐かしい「豆本」なぞなぞ…子どもたちを夢中にした「遊べるキーホルダー」観光地みやげから、たまごっちへ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

 バブル~平成初期に、全国の観光地で売られていた懐かしい「ファンシー絵みやげ」を集める「平成文化研究家」山下メロさん。今はもうほとんど売られていないこの「文化遺産」を、保護する活動をしています。なぜ当時の子どもたちが「ファンシー絵みやげ」に夢中になったのか、そこには子どものニーズを捉えた商品展開があったのです。キーホルダー型の豆本やバズルなど、懐かしい商品を山下さんに解説してもらいました。 【画像】なぞなぞ「豆本」やおみくじ、温度計やパズル、銀玉まで…懐かしい「遊べるキーホルダー」の数々

「ファンシー絵みやげ」とは?

 「ファンシー絵みやげ」とは、1980年代から1990年代かけて日本中の観光地で売られていた子ども向け雑貨みやげの総称です。地名やキャラクターのセリフをローマ字で記し、人間も動物も二頭身のデフォルメのイラストで描かれているのが特徴です。  バブル時代がピークで、新しい商品を「出せば売れる」と言われたほど、修学旅行の子どもたちを中心に買われていきました。バブル崩壊とともに段々と姿を消し、今では探してもなかなか見つからない絶滅危惧種となっています。  しかし、限定的な期間で作られていたからこそ、当時の時代の空気感を色濃く残した「文化遺産」でもあります。私はファンシー絵みやげの実態を調査し、その生存個体を「保護」するため、全国を飛び回っているのです。

「出しゃ売れた」時代、売れない理由考える方が非効率

 その販売期間にバブル時代をまるまる内包するファンシー絵みやげは、国内観光の隆盛とともに大量生産されました。当時の土産メーカーの方に話を聞けば「出しゃ売れた」と言われることが多く、毎年来る常連さんを飽きさせないようにと、どんどん新しいアイテムや新しいデザインを発売していたそうです。  それだけ景気が良くても、中には人気が出ずに売れ残るものもあったそうですが、売れなかった理由を考える暇があったら、また新作を売り出したほうが効率的だったと聞きます。「出しゃ売れる」という状態では、冷静に市場を分析しても上手くいかないことが多く、だったらどんどんトライしたほうが利益を生んだのかもしれません。  とはいえ、まったくターゲットである子どもたちの需要を無視しているわけではないのです。モータースポーツのイラストや、英字新聞デザイン、ビックリマン風ホログラムなど色々な流行が取り入れられていることからもそれは分かります。  中でも特にマーケティングがされていると感じるのが、学校に持ち込める工夫がされているファンシー絵みやげです。

【関連記事】