Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

40代の悩みを吹っ飛ばす!【人生相談】ジェーン・スー × HARUKO「四十女、しじゅう悩みどおし」前編|STORY

配信

magacol

同世代の女性の気持ちを代弁してくれるような明快な語り口が人気のコラムニスト、ジェーン・スーさん。ラジオや雑誌で多くの方のお悩みに答えてこられ、現在、毎日新聞の人生相談も担当されています。 40代の悩みを吹っ飛ばす!【人生相談】ジェーン・スー × HARUKO「四十女、しじゅう悩みどおし」中編 一方、波瀾万丈の人生経験を持ちながら、いつも前向きで飾り気がなく、姐御肌のモデル・HARUKOさんも、仲間からの相談を受けることも多い人柄。 そこで、そんなお二人に、『STORY』読者の真剣なお悩みにたっぷりと答えていただきました!

<PROFILE>

ジェーン・スーさん(47歳) コラムニスト。TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」(月~金11:00~)のパーソナリティを担当。毎日新聞をはじめ新聞・雑誌で数多くの連載を持つ。『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』は、第31回講談社エッセイ賞を受賞。近著に『これでもいいのだ』。

これでもいいのだ (中央公論新社)

HARUKOさん(46歳) モデル。短大時代、『JJ』にて山田明子(はるこ)の名でデビュー。以来、数々のファッション誌で 活躍。’03年に結婚後、九十九里浜に移住、長女を出産。’12年に離婚。HARUKOに改名し、現在『STORY』にて活躍中。趣味はサーフィンと読書。

【前編】 HARUKOさん 以前、ご著書『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』の中で「山田明子について」というタイトルで、私についてのエッセイを書いてくださったのを読ませていただきました。その節はありがとうございました。 ジェーン・スーさん こちらこそ、勝手に書かせていただき、失礼しました。90年代前半から、読者として、ずっとHARUKOさんを見てきました。当時は雑誌に依存する度合いが今よりずっと強くて、舐めるように読んでいたので、それぞれのモデルさんに強い思い入れがあったんです。

『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』(文藝春秋)

HARUKOさん 拝読したときは、人生で5本の指に入るくらい感動したんですよ! ジェーン・スーさん 嬉しいです。今回、こうして呼んでいただいて、やっとお会いする機会ができた! と喜んでしまいました。 HARUKOさん 私もずっとお会いしたかったんで、とっても楽しみです。今日はよろしくお願いいたします!

【関連記事】