Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『ソウルフル・ワールド』かわいい<ソウル>がたくさん! 本予告&本ポスター解禁

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 ディズニー&ピクサーの最新アニメ映画『ソウルフル・ワールド』より、人間として生まれる前の青くかわいらしい<ソウル>たちの姿を映し出す日本版本予告が、本ポスターとともに解禁された。 【写真】ピート・ドクター監督作『インサイド・ヘッド』フォトギャラリー  本作は、『カールじいさんの空飛ぶ家』『インサイド・ヘッド』で2度のアカデミー賞に輝いたピート・ドクター監督が手掛ける映画最新作。《もしも生まれる前に“どんな自分になるか”を決める場所があったとしたら?》というテーマに、“本当の自分”についての問いかけを、コミカルでエッジの効いた<ソウル>たちの活躍とともに軽やかに描く。  ジャズ・ピアニストを夢見る音楽教師のジョーはニューヨークで1番有名なジャズクラブで演奏するチャンスを手に入れるが、浮かれ気分で街を歩いている最中にマンホールへ落下し、目を覚ますと青くかわいらしい姿に。そこは生まれる前に「どんな自分になるか」を決める“魂<ソウル>の世界”。ソウルたちが夢や情熱、興味など自分の人生を輝かせてくれる“人生のきらめき”を見つけることで、人間の世界に生まれることができる。  公開された日本版本予告では、謎に包まれていたソウルの世界が明らかに。淡い色彩の美しい世界に住むのは、青くかわいらしい姿のソウルたち。そこでジョーが出会ったのは、やりたいことが見つけられず「ここにずっといたいの」と何百年もソウルの世界にとどまっている、こじらせソウルの22番。何を試しても“きらめき”を見つけられない22番に、ジョーは「人生には楽しいこともたくさんある。音楽とか、文学とか、化学とか、体操とか、それにピザ」と、“きらめき”を持つことの素晴らしさ伝えようとするが…。  まるで人生の迷子のように“生きる目的をみつけられない”22番と、ジャズ・ピアニストになりたいという夢だけを追いかけ、“夢をかなえるためになんとしても地上に戻りたい”ジョー。果たしてジョーは地上に戻り、夢をかなえられるのか…? そして、22番は“人生のきらめき”を見つけられることができるのか…?  映画『ソウルフル・ワールド』は12月11日より全国公開。

【関連記事】