Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

こんなときこそチャンス! 週末は<お家の資金計画>を立ててみよう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

新型コロナウイルスによる自粛が続き、家で過ごす時間が多くなっていると思います。そこで、家族と共に過ごせる週末を利用して「お家の資金計画」について、話し合ってはいかがでしょうか。

お家の資金計画を立てるため道具とは?

いざ「お家の資金計画」を立てようとしても、何をすればよいのか分からない方もいると思います。そういった方は「キャッシュフロー表」を作成してみましょう。「キャッシュフロー表」とはどのようなものか、【図表1】にエクセルで作図したモデルを示します。 【図表1】

(キャッシュフロー表 筆者作成) 「キャッシュフロー表」の作成にあたっては、疑問点があると思いますので、「キャッシュフロー表」の作成手順や注意点について解説していきます。

手順その1 ライフイベントの把握

1.ライフイベントとは? ライフイベントとは、「夫が定年退職をする」などといった、年齢に応じて発生するイベントのことです。 2.ライフイベント(【図表1】の水色部分)の記入上の注意点とは? ライフイベントを記入するにあたって、注意点がいくつかあります。以下の通りです。 (1)ライフイベントを記入しやすくするため、12月31日現在の家族構成年齢を記入 (2)前述した年齢にあったライフイベントを記入

手順その2 家計の収入の集計

1.家計の収入とは? 「キャッシュフロー表」に記載される「収入」は、【図表1】のオレンジの部分にあたります。そして、「収入」には以下のようなものがあります。 (1)会社などからもらう給料 (2)年金(国民年金・厚生年金保険料・厚生年金基金) (3)親などからの贈与金(援助) 2.各収入を集計するときの注意点とは? 家計の収入を記入する際は、以下の点に注意してください。 (1)給与に関しては、「手取り額」ではなく、「年収」を集計 (2)年金定期便を参考にして、キャッシュフロー表作成時点の年金支給額を集計 (3)お金の贈与(援助)が予定されている金額の集計 なお、(1)と(2)は、夫婦別に集計し、(3)は、「その他の収入」に集計しましょう。

【関連記事】