Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

原巨人が4連敗でまさかの首位陥落 “サメ男”パーラが危険なスライディング…守備妨害で同点が幻に

配信

中日スポーツ

◇12日 巨人2-3ヤクルト(ほっともっとフィールド神戸)

 巨人は今季初の4連敗で開幕から守ってきた首位から陥落した。  この日は1回2死一塁からヤクルト村上の左中間への飛球を中堅丸と左翼亀井が“お見合い”し、これが先制の適時二塁打に。攻撃でも1点を追う6回1死一、三塁で悔やまれるプレーが起きた。炭谷の遊ゴロの際に一塁走者パーラが二塁に滑り込んだ際にベースカバーに入った山田に接触した。転倒し一塁へ送球できなかったため高津監督がリクエスト。その結果、危険なスライディングと判断され、打者走者の炭谷もアウトになった。巨人は思わぬ形で同点機をつぶしてしまった。  一方、ヤクルトは引き分けを挟んで4連勝で、昨年4月以来の首位になった。

【関連記事】