Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トイレや脱衣所で盗撮の高校教諭を懲戒免職 被害者は女子生徒ら少なくとも計7人

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
福井新聞ONLINE

 福井県教育委員会は8月31日、公共施設の女子トイレや高校の脱衣所で盗撮したとして、嶺南地域の県立高校の30代男性教諭を同日付で懲戒免職処分としたと発表した。  県教委によると、教諭は7月24日、部活動の引率で訪れた嶺南の公共施設の女子トイレに侵入。個室の仕切り板の下から、スマートフォンで動画を撮影した。利用していた女性が気付き、施設の管理者に通報して発覚した。  県教委は8月11日に教諭に聞き取りを行った。教諭は、19年5月にもこの公共施設で盗撮し、17年8月には勤務していた嶺北地域の県立高校で脱衣所に小型カメラを設置し動画を撮影したことも認めた。被害者は女子生徒ら少なくとも計7人いるという。  聞き取りに対し、教諭は「スリルと達成感で繰り返してしまった。被害者や生徒、同僚には申し訳ないことをした」と話しているという。福井県警は現在、教諭のスマホやパソコンのデータを調べるなど、任意で捜査している。  記者会見で県教委の南谷憲児副部長は「教育に携わる者があってはならないことをした。生徒や保護者、県民の信頼を裏切りおわび申し上げる。信頼回復に努めたい」と陳謝した。県教委の基準では、懲戒免職は実名を公表する。今回、名前や勤務先を公表しなかった理由について南谷副部長は「被害者が特定される恐れがあり、警察も捜査中のため」とした。  県教委は管理監督責任を問い、嶺南の高校の校長と、17年当時の嶺北の高校の校長を戒告の懲戒処分、同様に教頭2人を文書訓告とした。

福井新聞社

【関連記事】