Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三浦春馬さん、自殺か…救急隊到着時「心臓がかすかに動いていた」蘇生試みるも

配信

スポーツ報知

 俳優の三浦春馬(みうら・はるま)さん(30)が18日午後1時頃、東京・港区の自宅マンションで首をつった状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。現場の状況から自殺とみられ、警視庁は死亡した経緯を調べている。自宅を訪れたマネジャーが発見し、室内には遺書とみられるものがあったという。撮影中のドラマ、出演作品を多数控えた中での突然の別れに、衝撃が走った。 【年表で振り返る】三浦春馬さんの歩み  人気俳優の突然の悲報が日本中を駆け巡った。捜査関係者によると、三浦さんは18日午後1時頃、東京・港区の自宅マンションで首をつった状態で見つかった。この日は仕事の予定だったが、仕事場に現れなかったため、マネジャーが自宅を訪問。その後、搬送先の病院で死亡が確認された。  関係者は「(救急隊が)現場に到着した際には、心臓がかすかに動いていたようです。AED(自動体外式除細動器)を使って心肺蘇生を試みたようですが、ダメだったみたいです」と話した。室内には、遺書とみられるものがあったという。  三浦さんは9月スタートのTBS系連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(火曜・後10時)に、主演の松岡茉優(25)の相手役として出演予定だった。14日に、自身のインスタグラムに「より笑って頂きたく撮影に励んでおります! 楽しみにいてください」と投稿するなど、今作への意欲をつづっていた。17日も終日、普段と変わらない様子で収録に参加していたという。  この日はドラマの撮影日だったが、中止された。共演者は一様にショックを受けているという。  この日、フジテレビで放送が予定されていた三浦さんの出演映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」(長澤まさみ主演、2019年5月公開)は通常通り放送され、冒頭で追悼テロップを流して対応した。一方、映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(23日公開)の出演者、スタッフによるYouTubeの特別番組「27時間ぐらいテレビ」の生配信は中止となった。  所属事務所は事実確認に追われた。ホームページで「弊社所属の三浦春馬が、2020年7月18日に亡くなりました。ファンの皆様、関係者の皆様におかれましては、ご心配、ご迷惑をお掛けしておりますが、詳細に関しましては、現在確認中であり、改めてご報告させていただきます」と説明した。  三浦さんは、1997年にNHK連続テレビ小説「あぐり」でデビュー。人気作に数多く出演した。舞台「キンキーブーツ」(16年)では、ドラァグクイーン(女装パフォーマー)役を好演し、読売演劇大賞優秀男優賞と杉村春子賞を受賞。今後のさらなる飛躍が期待されていた。  ◆三浦 春馬(みうら・はるま)1990年4月5日、茨城県出身。30歳。2006年「キャッチ ア ウェーブ」で映画初主演。08年「ブラッディ・マンデイ」でドラマ初主演。09年「星の大地に降る涙」で初舞台。映画「恋空」(07年)で日本アカデミー賞新人俳優賞を獲得。出演作にドラマ「14才の母」「ごくせん」「大切なことはすべて君が教えてくれた」「僕のいた時間」、映画「永遠の0」「進撃の巨人」「アイネクライネナハトムジーク」。趣味はサーフィン、サッカー。身長178センチ。

報知新聞社

【関連記事】