Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ももクロ、エビ中の後輩アイドル“ukka”が改名後初のシングルを発売

配信

エンタメNEXT

ももいろクローバーZや私立恵比寿中学を擁するスターダストプラネット発の6人組ukka(ウッカ)が、改名後初となるシングル『恋、いちばんめ』を6月24日にリリースする。 表題曲『恋、いちばんめ』は、改名前の桜エビ~ず時代からグループの作品に多数関わってきたヤマモトショウとMICO(SHEISSUMMER)がタッグとして提供する初楽曲。グループとして新しいスタートを切ったukkaと、春の色めく日常が重なるポップチューンとなっている。 本作のアートワークは、ポップ&シュールなコラージュビジュアルでアパレルブランドとのビジュアルコラボレーション、CDジャケット、想定デザインなど多方面で活躍するアートディレクター・Q-TAが担当している。 CDは、ver.A・ver.Bの2形態。AB共通の特典として、ukkaオリジナルトレーディングカード全7種がランダムで1枚封入。 ver.Aのカップリング曲には、ONIGAWARA提供のラブソング『ウノ-ウノ』とおとなになりきれない女の子の恋心を綴った『Poppin’love』を収録。ver.Bのカップリング曲では、夏の終わりを歌ったラップチューン『can’tgobacksummer』と、桜エビ~ず時代から人気楽曲を手掛けた杉浦英治作詞、藤田卓也作曲の『時間。光り輝く螺旋の球。』を収録している。

ENTAME next編集部

【関連記事】