Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ラグビー新リーグ、全TL勢など25チームが参加意思

配信

産経新聞

 ラグビーのトップリーグ(TL)に代わる新リーグの法人準備室長を務める日本協会の谷口真由美理事は1日、オンラインで会見し、参加意思を表明する期限に設定していた6月26日までに、25チームから書類での申請があったと明らかにした。TLの全16チーム、下部トップチャレンジリーグの全8チームに加え、地域リーグから中国電力が申し込んだ。本拠地の確保や財政面などの審査を年内に終え、2022年1月の開幕を目指すという。  新リーグは3部制。年内に1~3部のチーム数を決め、21年1~5月の開催を予定しているTLの最終シーズン終了後、シーズン成績も考慮してチームを振り分ける。新リーグは21年秋の開幕を計画していたが、新型コロナウイルスの影響で後ろ倒しとなった。

【関連記事】