Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渡哲也さん訃報に、高橋英樹・北島三郎・吉永小百合らから悲しみの声「いつか夕暮れ時にまた会おう」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 俳優の渡哲也さんが今月10日、肺炎のため亡くなったことがわかった。78歳だった。この突然の訃報に芸能界からも悲しみの声が寄せられた。 【動画】渡哲也さん死去 芸能界から追悼  1964年、映画配給会社『日活』に入社し俳優デビューした渡さん。日活の先輩だった俳優の高橋英樹(76)は「共に日活映画時代の青春期を過ごした仲間。哲!早すぎるよ!お疲れさま!の言葉しか見当たりません」とコメントを発表し15日、自身のブログを更新。「友よ そんなに早く逝かないでくれ言葉も 出てこない朝」「いつか夕暮れ時にまた会おう」と長年、苦楽を共にした盟友の死を悼んだ。  仕事での共演はなかったというものの、プライベートで長年にわたり親交が深かった演歌歌手の北島三郎(83)は所属事務所を通じ「自分としては兄弟のように思っていました。俳優としてはもちろんですが、なにより人間として素晴らしく大好きな方でした」とコメントを発表。  2009年に放送されたテレビ朝日系ドラマ『結婚』で渡さんと親子役を演じた女優の上戸彩(34)は「悲しみの中、まだ現実を受け入れたくない、という思いでいっぱいです」「共演させていただいてから年に数回電話でお話させていただいていましたが、いつも温かい言葉をかけてくださり、その度に渡さんの優しさに救われていました」と天国の渡さんへ感謝を伝えた。  1971年、尊敬する石原裕次郎さんが社長を務める『石原プロモーション』に入社した渡さん。裕次郎さんが亡くなる直前に「俺の死後は会社を畳んでくれ」と託され石原プロの2代目社長に就任。裕次郎さんの34回目の命日だった今年7月17日、石原プロの解散が発表された。  宝酒造の日本酒『松竹』のテレビCMで1998年から2019年まで10回に渡り共演するなど銀幕時代から公私問わず親交が深かった女優の吉永小百合(75)は「夏の海が大好きだった渡さんは、泳いで泳いで(弟の渡瀬)恒彦さんのところに行ってしまったのでしょうか。大きな病気を何度も乗り越えてこられたのに残念です」と渡さんを偲んだ。 (ABEMA/『ABEMA NEWS』より)

【関連記事】