Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ペナルティーエリア内での正しい救済方法やルール、キチンとわかってる?覚えておきたいことまとめ<前編>【ゴルフルール早わかり集】

配信

みんなのゴルフダイジェスト

2019年から施行されたゴルフの新ルール。その中から、知っておくべきルールを「GOLF DIGESTゴルフルール早わかり集2019-2020」より紹介。

ペナルティーエリアとは?

ペナルティ―エリアはその中に球がある場合、1打罰での救済を認めるために委員会が設定したエリア。イエローペナルティーエリアとレッドペナルティーエリアがあります。

Q:球がペナルティーエリアにある、とはどんな場合?

答え:球が一部でも入っていればペナルティーエリア内の球 解説:球の一部がペナルティーエリアの中にあればその球はペナルティーエリアの中の球となります。

Q:ペナルティーエリアに球が入ったが見つからないときは?

答え:入ったのが確実なら推定して救済を受けられる 解説:球がペナルティーエリアにあることがわかっているが、事実上確実だという強い証拠があれば、その証拠に基づいて救済の基点を推定します。球がペナルティーエリアの中にあることの事実上確実な証拠がなく、3分以内に球を見つけることができない場合は、紛失球といて処理をしなけれなりません。

Q:ペナルティーエリアの中の球をそのままプレーできる?

答え:罰なしプレー。クラブをソールしてもOK。 解説:罰なしにプレーすることができます。その場合ペナルティーエリア内の地面にクラブなどで触れてもいい(ソールしてもいい)し、ルースインペディメントを取り除くこともできます。

Q:アンプレヤブルや地面にくい込んだ球の救済はペナルティーエリアで受けられる?

答え:ペナルティーエリアでは以下がNG 解説:次の救済処置を受けることはできない。 ・異常なコース状態による障害からの救済 ・地面にくい込んでいる球の救済 ・アンプレヤブルの救済

みんなのゴルフダイジェスト編集部

【関連記事】