Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東海大野球部員が大麻 寮内で複数人が使用 山田学長「誠に遺憾」無期限活動停止

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 首都大学野球リーグの名門・東海大が17日、神奈川県平塚市内の同大学湘南キャンパスで緊急記者会見を開き無期限活動停止を発表した。寮内で複数の部員による大麻らしき薬物使用の疑いがあったため。 【写真】「大麻 ×」の大学独自ポスター作っていたのに 無念の表情  会見には同大学の山田清志学長、内山秀一教学部長、伊藤栄治野球部長が出席。山田学長は「誠に遺憾である、責任を痛感しております」と謝罪した。  東海大では9日に電話で疑いの旨が通報され、調査委員会を立ち上げた。平塚警察署にも捜査を依頼した、16日に家宅捜索を受けた。同日には学生からの申し出で大麻の使用を確認し、首都大学野球連盟に秋季リーグ戦の出場辞退を申し入れ、受理された。  東海大野球部は首都大学野球リーグ通算73度の優勝を誇り、全日本大学選手権で4度の日本一に輝いている名門。主なOBに原辰徳(現巨人監督)、平野恵一(現阪神2軍守備走塁コーチ)、菅野智之(現巨人)ら多くの選手をプロ球界に輩出している。

【関連記事】