Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

HIS、国内店舗3分の1を閉鎖、国内旅行に本腰、コロナ禍でまずは資金確保

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
トラベルボイス

ハウステンボスなどセグメント別業績

その他、セグメント別業績は以下の通り。澤田氏はオンラインで開催した本記者会見で、成長領域へ経営資源を投入し、特にエネルギー事業を大きな成長の柱として注力する考えも示した。スマート農業や宇宙ビジネスなど、新規事業への取り組みも継続する方針だ。 ・ハウステンボスグループ:売上高 98億円(28.1%減)、営業損益 5億円の赤字(前期:27億円の黒字) ・ホテル事業:売上高 65億円(4.3%増)、営業損益 5億円の赤字(前期:5億円の黒字) ・九州産交グループ:売上高 124億円(11.1%増)、営業利益 2億円(33.5%減) ・エネルギー事業:売上高 140億円(50.9%増)、営業利益 9億円(156.8%増)

トラベルボイス編集部

【関連記事】