Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

京アニ事件を受け「火災抑制剤放射器」を開発…消火器と何が違うのか?メーカーに聞いた

配信

FNNプライムオンライン

京アニ事件受け「火災抑制剤放射器」を開発

京都アニメーションの第一スタジオで36人が死亡、33人が重軽傷を負った放火殺人事件から、7月18日で1年が経った。 【画像】「火災抑制剤放射器」を使用した実験の様子を見る この事件では、気化したガソリンに引火したことで、一気に炎が広がったとみられている。 こうした悲劇を繰り返すまいと立ち上がったのが、消防機器メーカー「日本ドライケミカル」だ。「消防機器メーカーとして何ができるのか、このような事件を2度と起こさせない」という強い思いから、日本初だという“火災抑制剤放射器”を開発。7月20日から販売を開始した。 名前は「クイック スプラッシャー」。 これは、ガソリンをまかれた状態で、不審者に火をつけられる前に、火災抑制剤を“瞬時”に“広範囲”に放射することで、ガソリンの蒸発を抑え込み、着火しにくくするもの。 また、不審者に火をつけられても、その後に火災抑制剤を放射することで、火の勢いを抑えて、避難通路の確保に繋げることができるのだという。 誰でも使えるように消火器機構を採用し、重さも消火器とほぼ同じの約5キロ。2.5リットルの火災抑制剤を瞬時(約1.8 秒)に放射し、1本でおよそ 10平方メートル(6畳)の広さをカバーできるという。 日本初だという“火災抑制剤放射器”は消火器と比べて何が違い、どのような点で優れているのか? 「日本ドライケミカル」の担当者に話を聞いた。

日本初の“火災抑制剤放射器”が誕生

――“火災抑制剤放射器”は日本初? “火災抑制剤放射器”は、着火の抑制を目的とした日本初の消防防災製品です。  現行の消防法がカバーする「自動火災報知設備(=火災による煙や熱を感知器が早期に自動的に感知して、警報ベルなどで、建物内の人達に火災を知らせる設備)」「消火」「火災避難」という、火災発生後の3つのジャンルのいずれにも属さない、新しいジャンルの消防機器です。 ――海外にはすでにある? 世界に関しては調査が困難なため、確約できませんが、おそらくは世界初の消防防災製品であると思います。

【関連記事】