Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナと闘う女性ヘルスワーカー、350万人が劣悪な状況に、インド

配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

防護具はなく、偏見を受け、報酬も少なく、政府は何もしてくれない

 新型コロナウイルスの警戒地域に指定されたインド、ニューデリーの衛星都市ノイダで、地域衛生員のビジャヤラクシュミ・シャルマさんは、アパートを一軒一軒回り、住人の健康状態を調査している。 ギャラリー:コロナと闘う不遇の女性ヘルスワーカーたち、インド 写真9点  シャルマさんが働く「アンガンワディ・センター」は、貧困女性と子どもの栄養不良問題に取り組むために、1975年にインド政府が立ち上げた施設。現在は全国に130万カ所以上ある。ところが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行し始めてからは、地域における保健所の役割を担うことになった。同センターで働く270万人は、通常の仕事に加えて、食料の配給や調理された食事の配達、感染者の特定、ウイルスに関する知識の周知に奔走している。  その他にも、約100万人の「アシャ(Accredited Social Health Activists=ASHA、ヒンディー語で「希望」の意味)」と呼ばれる公認ヘルスワーカーがいて、出稼ぎから戻ってきた労働者の追跡、接触者追跡、感染疑い例の報告などの責任を負っている。症状がある人に付き添って、近くの病院へ行くこともある。  総勢350万人以上のこうした女性の地域ヘルスワーカーたちは、わずかな読み書きしかできず、ろくに報酬も受け取っていない女性たちだ(編注:インド政府は「スキームワーカー」と呼ぶが、労働者としての地位はない)。その働きにすっかり依存している政府は、彼女たちを称賛こそすれ、感染を予防する防護具や支援、報酬をほとんど与えていない。 「彼女たちが感染すれば、その責任を誰が取るのでしょうか」。ウッタル・プラデーシュ州の女性アンガンワディ職員組合長ギリシュ・パンデイ氏は、そう訴える。「彼女たちにも家族がいるんです。名前や顔のない殉職者ではありません」

防護具なしでの活動

 インドでは、人口14億人の3分の2以上が公的医療を利用している。だが、病院の病床数は人口1万人当たり8.5床、医師は8人しかいない。比較として、日本では1万人当たりの病床数はおよそ130床、韓国では120床だ。そのため、インドでは多くの地域住民、特に弱者である女性や子どもたちが頼りにできるのは、シャルマさんのような身近で活動する衛生員だけということになってしまっている。  アンガンワディの働き手は、子どもや妊婦、授乳中の母親に補助栄養物を支給し、子どもの栄養について母親を指導し、未就学児に教育を施す。一方、アシャは、自宅出産よりも病院での出産を勧め、避妊に関する知識を教え、予防接種を受けさせ、応急処置を施し、抗マラリア薬や抗結核薬を与える。  インドの医療が危機に直面するなかで、重要な役割を果たす彼女たちは、本来ボランティアやパートタイムの身分であるため、定期的な賃金を受け取っていない。ところが、需要が急増して、ほとんどの女性はフルタイムの労働者と同じように働かざるを得なくなっている。平均して、住人1000人につきアシャは1人しかいない。  アンガンワディの働き手への謝礼は約5000ルピー(約7200円)だが、これはインドの平均月給の半分にも満たない。アシャの報酬は歩合制だ。予防接種1件につき約1ドル、子どもの死亡を報告すると50セント、出産のため女性に付き添って病院へ行くと4ドル、6~7カ月間にわたり抗結核薬を出すと13ドル、そして新型コロナウイルスの対応に当たると13ドルが支払われる。 「政府は、こうした女性たちに多くの重要な医療サービスの提供を期待していながら、正当な報酬を支払っていません。また、今回のような命に関わる病気の最前線で働く人々に、適切な防護具を支給するのは人として当然のことです」と、「進歩的な医師と科学者のフォーラム」会長で医師、活動家でもあるハルジット・シン・バッティ氏は訴える。  インドは現在、1日20万以上の個人用防護具キットと20万個のN95マスクを製造していると、ナレンドラ・モディ首相は主張する。だが、アンガンワディ職員やアシャは、個人用防護具を自力で探さなければならない。もしくは、防護具なしでの活動を強いられている。  他にも、インド政府は3月に、公共の医療機関で新型コロナの患者を直接治療している220万人の医療従事者に追加の医療保険を90日間給付すると発表したが、アンガワンディの働き手とアシャがこの補償を受けられるどうかは不明だ。  医療従事者が払っている犠牲に対して、政府のリップサービスだけは手厚い。3月下旬、モディ大統領は、バルコニーへ出て手を叩き、皿や調理器具を打ち鳴らして医療従事者への感謝の気持ちを示そうと、国民に呼びかけた。空軍は、病院の上空に軍用機を飛ばしてバラの花びらを降り注いだ。5月上旬に、首相は医療従事者をブッダにたとえて、「インドだけでなく、世界人類を救うためにやってきた。彼ら一人ひとりが、称賛に値する」と発言した。  しかし、インドの感染者は20万人を超え、医療従事者たちの忍耐力は限界に近付いている。感染の恐れを抱え、社会からは偏見を受け、長時間労働に耐え、政府は何もしてくれない。既に、500人以上の医師、看護師、救命救急士が感染した。5月下旬に46歳の看護師がコロナで死亡した後、その同僚たちは手袋もマスクも再利用するよう指示されていたことを明かした。 「バラの花びらも拍手もいりません。私たちに必要なのは、防護具と人道的な勤務時間です」と、医療専門家同盟のラジェシュ・バーティ氏は言う。  防護具不足を訴えた医療従事者は、政府からも攻撃の対象にされている。4月6日、ニューデリーにある全インド医科大学の研修医協会は、ツイッターでモディ首相あての書簡を公開し、個人用防護具やウイルス検査器具、隔離施設の不足をソーシャルメディアで明かした医療従事者たちが、政府関係者から厳しい報復を受けていると訴えた。インド南部では、個人用防護具の不足を公にした麻酔医が、停職処分を受け、その後警察に拘束されて精神病院へ送られた。  医療従事者たちが救うはずの地域社会までもが、彼らに疑惑の目を向け、暴行を加えることすらある。大家からは家を追い出され、近隣住人からは侮辱の言葉を投げつけられる。ラージャスターン州では、アシャが「他の家庭を訪れて、そこからウイルスを運び出したかもしれない」と疑われ、家に入れてもらえないという。症状を示している人々にウイルス検査をしようとして襲われたこともあった。ノイダで健康調査をしていたシャルマさんは、アパートの住人から泥棒呼ばわりされたと話す。 「怒りと疑いを抱く住民たちと、マスクの支給すら渋る政府の板挟みになっています」と、アーザムガル在住のアシャカンチャン・パンデイさんは言う。  つながりの悪い電話でインタビューに応じてくれたパンデイさんは、最後にひとつだけ頼みがあると言った。 「私たちは重要ではないかもしれませんが、私たちのやっている仕事は重要です。政府に、私たちのことも認めてくれるようお願いしていただけませんか」

文=NILANJANA BHOWMICK/訳=ルーバー荒井ハンナ

【関連記事】