Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

育児放棄の母親をただ罵倒しているだけでは悲劇は防げない

配信

NEWS ポストセブン

 幼い子供が虐待によって死亡する事件が起きるたびに、保護者(多くは母親)への非難の声が高まる。ネット、とくにSNSでは、攻撃してよいと認められた相手が現れたとばかり、親のSNS履歴などを勝手に解釈して非道な人格をつくりあげ、罵詈雑言をわめきちらす人たちが出現する。大田区蒲田で発生した保護責任者遺棄致死事件をきっかけに、ライターの森鷹久氏がSNSと現実との乖離と、無責任なSNS罵倒民たちについて考えた。 【写真】虐待防止を呼びかけるオレンジリボン運動

 * * *  声すらあげられない小さな命の灯火が、また消されてしまった。

 わずか3歳の女児が食事も与えられず部屋に閉じ込められ放置された末に死亡した、東京都大田区蒲田で発生した事件について、区は検証チームを設置したと発表した。定期検診にも訪れなかった事を放置していたのではないか、さらには区の職員が自宅を訪ねたとき中に女児が一人でいたのではないか、といった行政への批判が相次いでいることを受けての対応と思われるが、被疑者である母・S子の生育環境についても議論になっている(S子については実名報道されているがこの稿ではS子と表記する)。

「S子自身も、ネグレクト(育児放棄)や虐待を受けていたと週刊誌が報じました。あばら骨が浮くほど痩せこけていた、包丁で切りつけられた、などその内容は凄惨で、S子の両親は共に逮捕されていることが新聞記事でも確認されています。まさに負の連鎖、悪の再生産が起きたのです」(大手紙社会部記者)

 筆者は以前、子供への性犯罪とその負の連鎖について取材し、小欄で記事にしている。かいつまんで言えば、子供に性的被害を加えようとする大人自身が、実は過去には同様の被害にあっていたケースが目立つ、という傾向についてである。すべての虐待サバイバーが同じ事を繰り返すわけではないが、悪循環の例がいくつも確認できてしまうため、よく言われるように筆者もそれを「負の連鎖」と表現した。

 今回も「ネグレクトや虐待を受けていた母親が、自らの子供にも同様のことをやってしまった」という文脈で語られているが、違和感がある。被疑者であるS子は、ある一時期までは確かに、愛娘を可愛がり、人並み以上の愛情を注いでいたのである。

【関連記事】