Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

播磨で最大5メートル以上の高潮浸水 兵庫県がシミュレーション

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 兵庫県は、明石市から赤穂市にかけての播磨灘や淡路島沿岸に「想定し得る最大規模」の高潮が発生した場合、対象の8市町のうち明石市を除いた7市町で浸水が最大5メートル以上の甚大な被害になるとする想定区域図を公表した。  予測は、1934年(昭和9年)に京阪神を中心に死者・行方不明者合わせて3036人にのぼった室戸台風に匹敵する「500~4000年に1度」クラスの台風が上陸し、5メートルを超える高潮が押し寄せ、河川も「100年に1度の大雨」で氾濫したとの想定。浸水エリアに住む居住人口は播磨沿岸の8市町で約47万人と試算した。  これらのシミュレーションによると、姫路市南部では約60平方キロメートルが浸水するおそれがあるという。  姫路市飾磨区の山陽電鉄「飾磨駅」周辺で3.1メートルの高さまで浸水するなど、21平方キロメートルの範囲で建物の2階部分まで水につかる(3メートル以上の浸水)が想定される。  高砂市沿岸部では約20平方キロメートルが浸水するとされ、高砂市荒井町の高砂市役所周辺で3.1メートル、高砂市民病院周辺で3メートルの高さまで浸水するなど、4.91平方キロメートルで3メートル以上の浸水を想定した。  淡路島3市での最大の浸水の深さは3.2~4.9メートル。0.5メートル以上の浸水が3市の合計で22平方キロメートルに及ぶという。  兵庫県は阪神間や神戸市の沿岸部について浸水想定をすでに公表し、但馬地域の浸水想定を10月に公表する予定。国は2015年の改正水防法で「最悪」の高潮を想定した浸水想定区域図の公表などを義務付けている。  また防潮堤の高さや気象庁の台風情報を基に高潮の危険度を予測するシステムを開発し、2020年の台風シーズンから県全体での試験運用を目指していたが、間に合わないという。担当する部署(兵庫県港湾課)は「防潮堤のデータ収集に時間を要したほか、開発委託先の会社が新型コロナウイルスの影響で在宅勤務を導入するなどして協議が遅れた」と要因を説明した。

ラジオ関西

【関連記事】