Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ベルギーのジョアキム王子、交際相手と大規模パーティに参加して新型コロナウイルスに感染

配信

ELLE ONLINE

先週、ベルギー王室はジョアキム王子の新型コロナウイルス感染症の検査結果が陽性だったと発表した。王子は5月下旬に仕事でスペインを訪問。感染症の拡大を食い止めるためにベルギーでは海外旅行が規制されているが、仕事による渡航は許可されていたという。でもここからが問題。王子は仕事の後にコルドバを訪問、長年交際している女性の家でパーティに参加し、その後感染が判明したと王室は公表している。スペインマスコミによると、パーティには27名が参加。コルドバでは新型コロナウイルス感染症の拡大を食い止めるため15名以上の集会は禁止されている。規則に違反したとして、現在スペイン警察が捜査を始めているという。 コルドバの知事はこのパーティの参加者を批判している。「驚きと怒りを隠せない。出席者は無責任だ。多くの人の死を国全体が悲しんでいるときに、このようなパーティを開催するとはひどい」とコメントしている。パーティが行われたのは、スペインが感染症で亡くなった人を追悼するために実施した10日間の服喪期間の初日だった。

報道によるとジョアキム王子の症状は軽いものだという。現在もまだスペインに滞在、治療を受けているという。王子はベルギーのフィリップ国王の妹アストリッド王女の息子で、王位継承順位は10位。感染リスクを考えずパーティに参加した王子に対する批判の声も起きているけれど、まずは1日も早く回復することを祈りたい。 text: Yoko Nagasaka

【関連記事】