Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

FCマルヤス岡崎はアマチュア最高峰の企業クラブであり続けられるか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

初めての名古屋港で考えたFCマルヤス岡崎の不思議

FCマルヤス岡崎はアマチュア最高峰の企業クラブであり続けられるか?

マルヤス岡崎のホームゲームは現在、岡崎市内にJFLの試合を開催できるスタジアムがないため、名古屋港で開催されることが主となっている。【写真:宇都宮徹壱】

 JFLのFCマルヤス岡崎が茂庭照幸ら元Jリーガーを多数獲得するなど慌ただしい動きを見せている。元日本代表の森山泰行がチームディレクター兼任ながら49歳で現役復帰すると発表したのもマルヤスだ。なぜ純然たる企業チームであるマルヤスは補強に力を入れているのか。そのビジョンとは何か。現地取材で様々な関係者から話を聞き、現在地を探った。(文:宇都宮徹壱 2019年5月発売『フットボール批評24』を転載)

本文:7,355文字

写真:4
  • GMを務める塩﨑正志(右)と現理事の山村泰弘(左)【写真:宇都宮徹壱】
  • 創部から47年目で初めてJFLを戦うことになったマルヤス岡崎は、アマチュア最高峰の舞台で粘り強く奮闘し、毎年残留を掴み取ってきた。【写真:宇都宮徹壱】
  • マルヤスの現監督である北村隆二(右)と今季、49歳にして現役復帰を果たした森山泰行(左)。【写真:宇都宮徹壱】

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

フットボールチャンネル編集部

フットボールチャンネルの有料記事

PayPay残高使えます