Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<高校野球>埼玉大会・西部の見どころ 聖望学園が中心 川越東、狭山ケ丘、市川越、山村学園などもV狙う

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった第102回全国高校野球選手権大会と同埼玉大会の代替大会となる夏季埼玉県高校野球大会は8日、東西南北の4地区に計148チーム(160校)が参加して開幕する。 <高校野球>埼玉県大会の組み合わせ 花咲徳栄は2回戦から  優勝争いは、昨夏の埼玉大会で5連覇を達成し、大会期間中に甲子園で行われる交流試合に出場する東部地区の花咲徳栄が中心。ただ、同地区の春日部共栄や昌平、南部地区の浦和学院と埼玉栄、西部地区の聖望学園、北部地区の上尾や正智深谷なども実力を備えており、花咲徳栄が絶対的優位とは言えない。花咲徳栄の“夏の6連覇”を阻むチームが出てくるのか、王者が貫禄を示すのか。熱戦の行方を4地区に分けて探った。 ■聖望学園が盤石布陣/西部  西部地区は聖望学園が中心だ。川越東、狭山ケ丘、市川越、山村学園なども虎視眈々(たんたん)と頂点を狙っている。  聖望学園の打撃陣はプロ注目の遊撃手、蔵田を軸に左打者を多く並べる。投手は最速143キロの本格派エース園田に加えて、右横手投げの清水が抑えに控える盤石の布陣となった。  追い掛ける第一候補は川越東か。右横手から140キロ台の直球を投げる蔭山が投手陣の柱で、攻撃では186センチの大型遊撃手三枝が打線を引っ張る。狭山ケ丘も地区大会制覇に照準。エースで4番の清水が投打で実力を発揮できれば、ダークホースとなりそうだ。  昨年夏の埼玉大会準優勝の山村学園をはじめ、実力校である市川越、武蔵越生も勢いに乗れば快進撃を見せる可能性を秘めている。

【関連記事】