Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フェイスブック、米大統領選への“介入”を試みた「中国系アカウント」を閉鎖

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WoW!Korea

フェイスブックは22日(現地時間)、米国とフィリピンの政治に介入しようとした中国系の偽アカウントを削除したと伝えた。 【写真】もっと大きな写真を見る ロイター通信によると、フェイスブックはドナルド・トランプ米国大統領を支持・反対する文を含めて、米国およびアジアの政治に介入しようと試みた155の中国系の偽アカウントを削除したことを明らかにした。また 6つのインスタグラムのアカウントも削除した。 最もフォロワーの多かったアカウントおよびページは「フィリピン」に関するもので、南シナ海での中国の行動を擁護し、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ フィリピン大統領を支持する内容が含まれていた。 米国に関する偽アカウントはフォロワー数が少なかった。このアカウントには、11月3日の米大統領選で両陣営全てに論争を煽る文があがっていたと、フェイスブック側は説明した。 ワシントン駐在の中国大使館は、このことに関する論評の要請に対して答弁していないと、ロイター通信は伝えた。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

【関連記事】