Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【RISE】陣内まどか、怪我を乗り越え復帰戦勝利「リングに戻って来れて良かった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
イーファイト

RISEクリエーション 格闘技イベント『RISE GIRLS POWER 3』 2020年9月20日(火・祝)東京・新宿FACE 【フォト】陣内の右ミドルが聖愛のボディを捉える ▼セミファイナル(第6試合) 初代RISE QUEENフライ級(-52kg)王座決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R ◯陣内まどか(フリー/元J-GIRLSバンタム級王者、元WMC日本スーパーバンタム級王者、元WPMF日本バンタム級王者) 判定3-0 ※30-28、30-28、29-28 ●聖愛(魁塾/NJKFミネルヴァ スーパーフライ級王者) (※聖愛の体重超過によりワンマッチに変更/陣内がトーナメント決勝出場権を獲得)  陣内は2009年デビューのベテランで現在26歳。10代でJ-GIRLS&WPMF日本王座の二冠王を達成した。17年4月に怪我で戦線離脱、18年9月の復帰戦でWMC日本スーパーバンタム級王座戦に挑み勝利、3団体目のベルトを手にしている。元祖ビジュアルファイターで“美しき女王”の異名を持つ。   聖愛は関西の名門・魁塾所属の18歳。昨年RISE、DEEP JEWELS(KICKルール)に参戦し勝利、今年2月にNJKFミネルヴァスーパーフライ級タイトルマッチに勝利し王座奪取に成功している。  この試合は、前日計量で聖愛がリミットを1.05kgオーバーし、本日の再計量でも1.75kgの体重超過となったため、聖愛には減点1とグローブハンデが与えられ、試合もトーナメントマッチからワンマッチへと変更。結果、勝敗に関係なく、陣内が自動的にトーナメント決勝への出場権を手にした。  1R、陣内が右ローを強打すると、聖愛は右ミドルを返す。中盤以降は両者ともロー、ミドルを蹴り合い、近距離になると聖愛の左フックがヒット。陣内は右ミドルを蹴って前に出る。  2R、聖愛がサウスポーにスイッチしながら、左フックを見舞い、右ミドルに繋げる。陣内も負けじと右ミドルを蹴り込み、ボディに前蹴りを突き刺す。近距離で聖愛がパンチを出すと、陣内は組みついて逃れる。終盤に陣内が右ミドル、前蹴りを中心に攻めて聖愛の動きを鈍らせる。  3R、スタミナが落ちない陣内は右ストレートをヒットさせ、右の前蹴りでストッピングする。聖愛がパンチで前に出て組み付くと、陣内が離れ際に右ハイキックを顎先にかすめる。聖愛はパンチで前に出るが、ヒットは奪えず。的確に自身の攻撃を当てていった陣内が勝利した。  陣内は「私事ですが、2年ぶりの復帰になりました。膝を怪我して手術して、一時期は競技を続けられないのかなというところまで行きましたが、リングに戻って来れて良かったです。応援ありがとうございました」とファンに呼びかける。  さらに「内容的には自分が思った通りには動けなかったですけど、復帰戦で100%で試合したかったのはあります。(聖愛の)マイナスポイントがあっての勝利で、100%喜べないところもありますけど、試合をすることが出来て良かったです。また、今日から頑張りたいと思います」と涙ながらにコメントした。

【関連記事】