Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

寄付なんかしない!アデバヨールが唯我独尊宣言「俺はアデバヨール。いつでも俺がやりたいことをやる」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

パラグアイのオリンピアでプレーする元トーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨールが、寄付を一切しないと自らのスタンスを強調した。 トーゴ生まれのアデバヨールはフランスのメスでプロキャリアをスタート。その後は、アーセナルやマンチェスター・シティ、レアル・マドリー、トッテナムなどで活躍。2020年からはパラグアイのオリンピアでプレーしている。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で、トーゴの首都ロメにある自宅に帰っているアデバヨールだが、多くのアスリートが寄付などの形でコロナウイルス感染防止の支援のする中、ここまで一貫して寄付をしない姿勢を貫いてきた。 そんなアデバヨールは、自らのFacebookでライブ配信を実施。寄付はしないスタンスを改めて強調した。 「俺が寄付をしないって言ってるやつら、明確に言わせてくれ。俺は寄付なんかしない。とてもシンプルだ」 「俺はやりたいことをやり、食いたいものを食う。後で俺がロメ(トーゴの首都)に寄付をしなかったことを批判するやつが出てくるだろう」 23日現在、トーゴでは88名のコロナウイルス感染が確認され、6名が命を落としている。これに対し、アデバヨールが南米から帰国する際、フランスとベナンを経由したことで、彼がトーゴにコロナウイルスを持ち込んだとの批判を唱えるものもいるとし、心境を語った。 「俺がロメにコロナウイルスを持ってきたという人もいる。とても残念だがこの国はそういうところがある」 また、同じアフリカ出身の元選手では、物資や食料の支援などを通して、何万人もの人々をサポートしているサミュエル・エトーやディディエ・ドログバについても言及。彼らは彼ら、自分は自分とした。 「ドログバと俺を比べるやつがいる。エトーと俺を比べるやつがいる。残念だが俺は彼らではない」 「俺はエマニュエル・シェイ・アデバヨール。俺はいつだって俺がやりたいことをやる」

超WORLDサッカー!

【関連記事】