Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

一関地方中学校交流体育大会開幕 喜びぶつけ熱闘【岩手】

配信

岩手日日新聞社

 2020年度一関地方中学校「心の絆」交流体育大会(一関地方中学校体育連盟主催)は20日、一関市内の各会場で開幕した。第15回一関地方中学校総合体育大会に代わる大会として21日までに9競技が行われ、選手たちが熱戦を繰り広げる。  新型コロナウイルス感染拡大に伴い、今年度の県中総体が中止。一関地方中体連では、選手たちのために部活動の集大成の場を設けようと同交流大会を企画した。  力の向上を目指して取り組んできた成果を発現させ、学校の枠を越えて互いの努力をたたえ合うことなどを目的としており、いずれの競技も順位を付けない。手指の消毒や屋内競技会場の換気、握手とハイタッチの自粛など予防対策を徹底する。  初日は体操を除く8競技が行われ、選手たちは白熱した試合を展開。新型コロナ感染防止のため無観客で行われたが、参加選手の保護者に限り来場が許可され、保護者たちはわが子の晴れ舞台を見守っていた。  21日は9競技を実施する予定。剣道と柔道は状況を踏まえながら実施日などを調整する。

【関連記事】