Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

出た!初マツタケ 秋の味覚の王様入荷 かぐわしい香り漂う/兵庫・丹波市

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
丹波新聞

 国産マツタケの中でも最高級品と名高い「丹波マツタケ」の初物が20日、兵庫県丹波市の料亭に初入荷した。入荷を待ちわびていた料理人は、「焼きマツタケにして提供する」と、シーズンの始まりに心を弾ませている。 【写真】マツタケが”てんこ盛り”  この日の朝、市内の生産者が、笠が開く前の「ツボミ」と呼ばれる上物6本430グラムを、マツタケ料理が名物の同市氷上町の料亭「大和」に持ち込んだ。店内には華やかで、かぐわしい香りが漂っている。  同店経営者の余田亮一さん(67)は、「雨が降り、明け方の気温が16、17度と発生条件が整っていた。9月からの雨量が大事なので、これからしとしと降って長く出てくれたら」と期待している。  毎年東北から九州まで、希少なマツタケを求めて客が来ていたが、今年は新型コロナウイルスの影響で、関西圏の個人客が中心になっているが、例年と変わらず、多くの予約が入っているという。

【関連記事】