Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『ハイキュー!!』日向&影山の「変人速攻」は実践できる? 男子バレー・柳田将洋選手に聞く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 『週刊少年ジャンプ』で連載され、今年7月に最終回を迎えた漫画『ハイキュー!!』(古舘春一・著)。長身の選手を相手に戦い抜いた烏野高校のエース“小さな巨人”に憧れている少年・日向翔陽を主人公に、バレーボールに青春を捧げる高校生たちを描いている。 【画像】木兎光太郎(梟谷学園高校)キャラクターカット ※3枚目  展開が予測できないストーリー構成、魅力的なキャラクターたち、描写の細かさから瞬く間に反響を呼び、コミックスの累計発行部数は4000万部を突破。2020年10月2日に放送開始した『ハイキュー!! TO THE TOP』はテレビアニメ第4期第2クールにあたる。  バレーボール日本代表の柳田将洋選手もまた『ハイキュー!!』に魅了された読者の一人。インタビュー後編では、実際に『ハイキュー!!』で繰り広げられたキャラクターたちの技にもフォーカス。プロ選手の視点から改めて『ハイキュー!!』の奥深さを知ることができた。

―― 柳田選手は『ハイキュー!!』の中でどのキャラクターが好きですか? 柳田:すごいたくさんいますよ(笑)。物語の終盤までいるキャラクターはほとんど好きですね。主人公の日向翔陽と影山飛雄はもちろんですが、木兎光太郎(梟谷学園高校)や星海光来(鴎台高校)、佐久早聖臣(井闥山学院)も好きです。 ―― アニメでは、これから描かれることが多そうな選手たちですね。ちなみにアニメ『ハイキュー!!』はいかがでしたか? 柳田:アニメも動きがかなりリアルでした。バレーボールのアニメ化って「もしかしたら難しいのかな?」と思っていたのですが、レシーブの形やボールの動きもリアルでしたし、その動きをしながら声優さんのセリフもしっかり入ってくるので、すごくハマりやすかったです。 ―― CM前のアイキャッチで、サーブを打っているところのボールの動きや回転があるのも、すごくリアルですよね。 柳田:はい。アニメでも、ボールの見え方をちゃんと研究しているんだろうなと思いました。

【関連記事】