Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小沢仁志が語る「Vシネマはここから始まる」次は韓国だ!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SmartFLASH

 人事抗争、男の嫉妬、そして出世争い……。ソフト販売やレンタルを主戦場に、多くが任侠・ヤクザの世界を描く「Vシネマ」が、ネット配信隆盛の波に乗り、再び人気を呼んでいる。業界をリードし続ける、“Vシネマの帝王” こと小沢仁志(58)が語る。 「いま、俺たちは売り手市場だ。なんといっても、配信でVシネマを初めて観て、『へえ、おもしろいじゃん』と気づいてくれる人が増えたのが大きいよな。『日本統一』は44話を撮り終え、10月は5本撮りだよ(笑)。  低予算で撮影日数も短いけど、テレビや映画のような制約がない。この間も、(本宮)泰風に言ったんだ。『テレビに日和るなよ』って。マイルドにしたら、昔からのファンを裏切ることになる」  さらに最近のVシネマは、「ビジネスにも役立つ教訓が得られる」と再評価されている。 「意外だね。でも、俺がよく行くお好み焼き店のオーナーが、人事で悩んだときに『統一』で勉強したって。IT企業の経営者も、幹部にすすめてるらしい。でも俺ら、ちょいちょい(作品の中で)人殺してるだろ? それはどうなんだろうね(笑)。  Vシネマは、ここからが始まりだ。まずは若手の育成。まだ端役の役者が、出番が終わっても監督の横でずっとモニター見ながら、目をギラギラさせているんだよ。こういう奴を鍛えたい。  ヤクザ映画で先行する韓国映画とのコラボも実現させたい。オレがかわいがってる役者を連れてって、『日本にはこんなにすげえ奴らがいる』と教えたいね」  下記から、Vシネマ界を見続けてきた評論家の谷岡雅樹氏が選んだ、注目の俳優5人を紹介する。

【Vシネマ評論家・谷岡雅樹の「この5人から目を離すな!」】 ●武蔵拳(61)/おすすめの一作『誇り高き野望』シリーズ(2005年~) 「出演作220本が、ほぼ任侠映画。未だ世間には知られず、主演作はシリーズ含め20作を超え、海外進出も目論む。片桐竜次がもっとも惚れ込み、初監督作『ボストンの鉄爪』に主演で起用した『Vシネマの最終兵器』」(谷岡氏、以下同)

【関連記事】