Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

正直子どもは楽しいが親はツライ…ごっこ遊びに付き合いながら家事や仕事を進めるテクニック

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ベネッセ 教育情報サイト

子どもが大好きなごっこ遊びですが、保護者のかたはどうでしょうか? 「付き合うのに疲れてしまった」「いつまで続くの……」そんなふうに思っているかたもいるかもしれません。家事や仕事をこなしながら、上手にごっこ遊びに付き合っていくアイデアを紹介します。

子どもは楽しいごっこ遊び……でも大人はツライ

「同じやり取りばかりで飽きてしまった」「よくわからないルールについていけない」「終わりが見えない」など、子どものごっこ遊びに疲れてしまっている保護者のかたも多いかもしれません。特にきょうだいがいなかったり年が離れていたりする場合、相手をするのはどうしても大人ですよね。 一緒に遊んであげたいけれど、なかなか気分が乗らず、時間もない……。そんな気持ちで遊んでいると「ちゃんとやって!」と子どもに怒られてしまうこともあるでしょう。ごっこ遊びは、大人にとっては悩みの種かもしれません。 子どもの気持ちも満たしてあげたい、でも家事や仕事も済ませたい。そんな悩みを解決できるアイデアはあるのでしょうか。

子どもも満足できるごっこ遊びの付き合い方

「ごっこ遊びをしていて家事が進まない」「ちょっと仕事の時間がほしい」そんな時に試してほしい方法を紹介します。 ・役になりきって家事に移行する 「もうすぐ夕飯の準備をしないと」「洗濯物を畳みたい」そんな時に試してほしいのは、ごっこ遊びを継続したまま家事に移行する方法です。 たとえばおままごと(おうちごっこなど)をしていた場合。「あ、もうレストランが開店する時間! シェフはおいしいご飯を作ってきます」と言ってキッチンに移動します。子どもをお客さんにして「お客さん、今日はシェフの特製ディナーですよ」などと会話をすれば、子どもも乗り気になってくれるかもしれません。 戦いごっこをしていたなら「あと10分で星に帰らなくては! 急いで洗濯を畳まないと地球が危ない!」とヒーローになりきっても面白そうですね。 コツは、役になりきること。家事や仕事をする「誰か」になりきることで、ごっこ遊びを楽しみながら家事や仕事を進めることもできるかもしれません。 ・家事をごっこ遊びの役にしてみる 家事や仕事をしている時に、ごっこ遊びに誘われることもあるでしょう。「今忙しいからこれが終わったら遊ぼうね」と説明しても、納得してくれないことだってあります。先ほどと逆のパターンですね。 そんな時は、今やっている家事や仕事をごっこ遊びの「役」にしてしまいましょう。たとえば、食事の準備をしていたなら「じゃあママはホテルのシェフ役をするね」と保護者のかたが役を提案します。掃除をしていたなら「パパはお掃除ロボットです、ガチャン、ガチャン」となりきってしまいましょう。 コツは、ちょっとレアな役になることです。シェフ、宇宙飛行士、ロボット、探検家など、「なにそれ、面白い!」と子どもが興味を示す役を考えてみましょう。 ・ごっこ遊びから本物を経験させてあげる 子どもに本物を経験させてあげるのもおすすめの方法です。ごっこ遊びでしていたことを、実際にお手伝いとして頼んでみましょう。 たとえば、ぬいぐるみのお世話が好きなら、赤ちゃんの服を選んだりオムツを持ってきてもらったりするのもいいですね。おままごとが好きなら、食事の準備を手伝ってもらうのもいいかもしれません。ごっこ遊びでたくさん経験しているので、きっとお手伝い上手になれるでしょう。

【関連記事】