Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元高校球児の松崎しげる「甲子園無理なら地方大会だけでも」

配信

NEWS ポストセブン

 夏の甲子園中止…新型コロナの「第二波」が懸念されるいま、中止の決断は仕方がないのかもしれない。それでも、高校3年生の夏は一度きり。

 なんとかして試合をさせてあげたい、そう思う声が沸き上がっている。野球を愛する松崎しげるさん(70才)もそんな声を上げる一人だ。

 日本大学第一高校で甲子園を目指した元高校球児の松崎さんは、長男の優輝さん(21才)も野球に打ち込んでいた。

「幼い頃からキャッチボールの相手や朝練への送り、試合の応援にも行ったし、妻は朝早くからお弁当作り。そんな時代が何年も続いたけど、グラウンドで息子の姿を見ると自分の青春がよみがえるようで…。喜びや悲しみ、悔しさを共有した二人三脚の日々でした」

 それだけに、高校球児を支え続けてきた親の無念は痛いほどわかるという。

「息子は高校3年生の最後の試合で負けたとき、泣き崩れ、その後半年ぐらい燃え尽き症候群になっていました。でも、いま振り返ればそれが、彼にとって次の人生へのスタートラインになっていたんです。

 甲子園が無理なら、地方大会だけでも開催して、球児たちに花道を作ってあげたい。勝っても、負けても、泣いても、笑っても、全身で高校野球の締めくくりを感じてほしい!それは同時に、彼らを支えてきた保護者にとっての花道でもあると思います」

※女性セブン2020年6月11日号

【関連記事】