Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Jリーガーの過去隠し営業マンに…2回の戦力外、8年経って向き合えたこと 気づけばトップクラスの成績に

配信

withnews

スポーツ選手に訪れる「引退」。すべてのアスリートが完全燃焼をして現役を終えるわけではありません。元Jリーガーの近藤健一(37)さんは、引退後に地元企業に就職。営業マンとして働いてきましたが、これまで「元サッカー選手」の過去を隠していました。社会人8年目の今、関係ないと思っていた過去のキャリアが仕事にいかされていることに気づいたと言います。働き方が多様になった時代、アスリートのセカンドキャリアを成功させた近藤さんに、「目標の立て方」の大切さについて聞きました。(ライター・小野ヒデコ) 【画像】選手時代の険しい顔から一変、営業マンになった近藤さんの笑顔

相手と比べず自分のやることをする

<サッカー名門校へ進学。同級生のライバルから3年間スタメンの座を奪えなかった> 小4のとき、Jリーグが開幕しました。その影響もあり、小5でサッカーを始めました。当時から体格が大きかったのと、ボールを蹴るより追う方が好きだったので、ポジションはゴールキーパー(GK)を選びました。 プロサッカー選手になろうと思ったのは小6です。でも当時は憧れの気持ちだけでしたね。高校は、地元長崎県のサッカーの名門校、国見高校に進学しました。 同級生のGKに、徳重健太さんがいました。今もJ2のV・ファーレン長崎に所属している現役選手です。彼が常に僕の上にいたので、私は二番手でした。3年間その差を縮めることができず、スタメンになることはできませんでした。 GKの役割はゴールを守るだけではなく、試合全体を俯瞰し、後ろから仲間を動かすリーダーシップが求められます。私にはそこまでのリーダーシップがありませんでした。 なかなかライバルに追いつけない悔しさと、試合に出られない焦燥感に駆られる日々でした。それでもモチベーションを高く保っていられたのは、「相手と比べず、自分は自分のやることをする」と意識していたのと、入部のときにサッカー選手になる夢を実現するために、「3年間しっかりサッカーをやろう」と心に決めたことを守っていたからでした。 入部前は、サッカーの強い高校に行けば自然とスキルがついてくると思っていました。でも違うんですね。恵まれた環境の中でも、考えて、行動しないと成長はしないと感じました。

【関連記事】