Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

映画を観る人がいる限り、行定監督は走り続ける。『いまだったら言える気がする』インタビュー

配信

ギズモード・ジャパン

緊急事態宣言が終わったいまだったら言える気がする...。監督と映画の話をするのが、一番の楽しみでしたよ! Zoomを使った革新的な映画『きょうのできごと a day in the home』を作った行定勲監督の、Zoom映画第2弾『いまだったら言える気がする』。みなさんもうご覧になりましたか? 前作が若者たちのコロナ禍の「今」だったら、今作はコロナ禍での大人の「今」といった感じ。キャスティングが中井貴一さんに二階堂ふみさん、そしてBiSHの アイナ・ジ・エンドさんという、なかなか斬新な組み合わせに驚きましたが、とても上質なラブストーリーだなという印象でした。 『きょうのできごと a day in the home』公開後に行定監督にインタビューをさせていただきましたが、今回もたっぷりお話をきくことができました。もちろんZoomで。 少々長いかもしれませんが、興味深い話が目白押しです。ぜひ最後までお読みください。

脚本は二階堂ふみさんをイメージ

──『きょうのできごと a day in the home』からあまり間を置かずに第2弾となる『いまだったら言える気がする』が公開されました。こちらの制作はいつ頃からスタートしたんですか? 行定監督:前回インタビューを受けたときには、もう脚本はありましたね。実は4本くらいプロットはあって、2本目くらいまでは緊急事態宣言期間の特別制作用だと考えてました。なので、緊急事態宣言が延長した時点で2作目も作ろうという感じはありました。 ──今回は登場人物が3人のみ。しかも個性豊かで意外な人選と感じました。キャスティングはどのように決められましたか? 行定監督:『きょうのできごと a day in the home』制作の時点で、キャスティングを早く進めておきたかったので何人かに声をかけていたんです。そのときに二階堂ふみさんにもお声がけしていました。二階堂さんは「やりたいです」と言ってくれていたんですが、残念ながら1本目は叶いませんでした。そういう経緯もあって、2作目のヒロインとして二階堂さんにこんな役をやってもらえたらおもしろいだろうなというイメージで当て書きをしました。

【関連記事】