Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロックダウンで「寂しさ」感じる人急増、 寂しさ解消マッチングやイベントなど続々登場

配信

AMP[アンプ]

人と人とのつながりは、社会的な生物として進化してきた人間にとって重要なものだ。しかし現況のような外出制限が引き起こす孤独感は、人々の心身に悪影響を及ぼす可能性が高い。 それを解決すべく、SnapchatやTinder、Facebookなどのテック企業から寂しさを和らげるソリューションが登場し、Z世代から高齢者まで多くの人々の関心を集めている。 今回は、外出制限による孤独の状況と共に、それを緩和するために続々投入される新サービスや新機能の最新動向をお伝えしたい。

隔離による孤独が今、懸念されている

世界各国で新型コロナのロックダウンにより、私たちの生活は、週末も平日も以前とは全く異なるものとなってしまった。世界各国で旅行はもちろん外出も制限され、私たちは皆、自宅にとどまり、長期間自己隔離するように呼びかけられている。 ウイルスの拡散を減らすには不可欠であり、多くの人がそれを遵守しているが、一方で隔離から来る孤独も重要な問題となってきている。外出制限によって、人々は社会から孤立して遮断されていると感じ、メンタルヘルスに大きな影響を与える可能性があるからだ。特に、思春期で不安定な感情を持ち合わす10代や一人暮らし率の高い独身者、介護施設や一人で暮らす高齢者にとって、孤独は極力避けたいものだ。 イギリスの医科学アカデミーから4月15日にリリースされた「コロナの影響によるメンタルヘルス調査」では、隔離による孤独は最も主要な問題の一つとなっている。 調査の回答者たちは自分たちの孤立、社会的距離、封鎖が自分や他の人のメンタルヘルスに与える影響について非常に心配していることを示唆している。孤独感は繰り返し提起され、隔離による閉じ込められた感覚に関する懸念が、調査では明確になっている。 この状況に応じて、テック企業や社会団体はサービスを拡大し、人々がつながり心地よく魅力的に感じるサービスをリリースしている。

不安やストレスを察知するSNS、医療従事者への寄付を募るデートアプリなど、若年層への新サービス

普段から多くの人々が人との繋がりに活用するソーシャルメディア。10代のユーザーが多いSnapchatは3月、新型コロナに対応して新たに「Here For You(あなたのためにここにいるよ)」機能をリリースした。 この機能は、ユーザーの検索ワードに基づいて、不安やストレスを感じる時期を察知し、それらの感情と戦うための専門家のアドバイスへのアクセスを提供している。 Snapchatは、WHOなどの世界的な保健機関やメンタルヘルスの寄付団体とのパートナーシップからのアドバイスを活用して、ユーザーの不安を軽減する手助けをしたいと考えている。

【関連記事】